• 吉村 聖一

あなたでも簡単にサルコペニアの診断ができる3つの方法!!



サルコペニアという言葉をご存知だろうか?


わかりやすく説明すると


高齢社会となってから


今年1月時点での要介護認定者は


640万人を超えている。


その原因を調べると


後期高齢者(75歳以上)で


もっとも多い症状が


心身の衰弱状態(フレイル)と言われている。


正確な国際統計分類ではfrailtyと診断されている。


フレイルは


筋肉の衰弱が大きな原因で生じるという


筋肉の衰弱とは何か?


ここで


筋肉の衰弱=サルコペニアへとつながります。


サルコペニアの特徴は


①筋力減少

②筋肉量減少

③歩行速度減少


が特徴的である。


皆さんは細くでひょろひょろ歩いている老人を


今イメージできたのではないだろうか。


フラフラして,


いつ転ぶかわからないような方。


その方が


サルコペニアとなっている老人だ。


しかし,


全てがひょろひょろしているかといえばそうではない。


ぽってり太っていても


歩く速度が遅く


筋力と筋肉量が低下している


小太り老人の方がいる。


体格はしっかりしているように見えるので


それなりに筋力があるのだろうと勘違いしやすいが


実は


全く筋肉がない


という結果になる方が多く存在する。


ではどうしたら


「この人はサルコペニアだ!!」


と診断できるのだろうか?


医者じゃないと診断はできない?


いいえ,


今からお伝えする3つの方法で


診断ができるのです。


方法① 筋力:最大握力を知ること!

男性26kg未満

女性18kg未満になっていないか確認


方法②歩行速度0.8m /秒未満で

歩行していないかチェック!!

10m歩行が一般的な計測なので

10mを12.5秒以上で歩行していないか確認


方法③筋量:四肢筋量BIAで計測!

SMIが男性7.0kg/㎡未満

    女性5.7kg/㎡未満になっていないか確認すること


①の握力は



 👆握力計があればささっと評価できる。


値段は


安いのであれば


1900円からある!!


素晴らしい!!


②の歩行速度は



 👆のストップウォッチがあれば計測可能だ。


あとは10mのラインを引き


そこを歩けば評価可能。


1000円もあれば購入できる。


③のBIAですが・・・。 



 一般人が購入できるのは


このタイプ。


体組成計という。


値段は


約6万円です😨


少し高いと思われるだろう。


古いタイプで


四肢の筋力が分けて


計測できるが


1万くらいで出ている。


研究で使用する


BIAは


300万円(゚∀゚)


そして


SMI(骨格筋量)という数値を


算出する必要がある。


方法としては


右手・左手・右足・左足の筋量を


体重の二乗で割ることで


SMIを知ることができる。


私も計算しましたが


SMIが8.7kg/㎡だった。


一般的には


男性7.0kg/㎡未満

女性5.7kg/㎡未満


だと筋量がなく


サルコペニアに当てはまるようだ。


最低限の①〜③を


安く購入(中古品を購入)すれば


1万と数千円で揃えることができ


評価することが可能だ。


機材を集めて


自分を評価


さらには家族・親戚を評価し


「あなたはサルコペニアだ」


と説明し


相手を少し驚かせ


運動習慣を作るように促してはいかがだろう


声かけするだけで


運動器の予防になるのだ。


ちなみに👆の3つの方法は


アジア人の診断基準(AWGS)での判定方法。


日本人の場合は


欧州基準ではなく,


体格の近い


アジア人の診断基準(AWGS)が適しているよう。


次回は


サルコペニアとわかった後に


どのように予防や治療をすべきか


考えていこう


では


行動行動

0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら