• 吉村 聖一

いきいきリハビリノートを使用する前にまずは痛みについておさらいしよう



昨日はいきいきリハビリノートの存在について


お知らせしました。


このノートは


認知行動療法に基づく


アプローチ方法です。


対象は慢性疼痛患者が対象のようです。


ノートを使用する事で


認知行動療法を開始することが可能ですが,


痛みの基本をおさらいして


使用すると良いようです。


本日は痛みが長く続くと


体にどのような影響を生じさせるのか考えてみましょう。


痛みの分類と想定される異常


痛みには


脳の回路内の異常があります。

それらは以下の項目です👇

   

・社会的ストレスに関連した脳内の異常反応

①社会的痛み

②学習性に痛み

・脳の異常(中枢性感作)

①ニューロンの異常

②グリアの異常

③ネットワークの異常



さらに


痛覚伝導路内の異常として

神経障害性疼痛があります。




末梢の異常では


侵害受容性疼痛

①器質的異常

②機能的異常


このように

・脳の回路内の異常

・痛覚伝導路内の異常

・末梢の異常


3種類に分類できます。


どの痛みにも共通して言えることが


不快情動が合併しているようです。


痛みは常に不快なんですね。


そしてその不快な状態が3ヶ月以上継続している人は


慢性疼痛に当てはまるようです。


その慢性疼痛に治療戦略とは


なんでしょうか?


病態に対してそれぞれ対策があるようです。


病態①痛覚伝導路の亢進 

対策①鎮痛系薬剤の適正使用


病態②痛覚抑制系の機能低下

対策②適切な休息・安心感


病態③快感消失 

対策③社会的報酬・運動


病態④自己否定感

病態④自己認証系の確率


????


みなさん??となりませんか?


病態①の対策は医療行為系だと理解していただけると思いますが,


病態③④の対策は医療行為?これ?


となりませんか?


どちらかというと


人生の生き方や捉え方


メンタル面の部分ですよね😌


特に病態②③④の部分は


いきいきリハビリノートを使用すると


治療・改善効果を得ることができるようです。


どうやら


患者さんの苦悩は


Physical Pain(肉体的痛み)



Social Pain(社会的痛み)


があるようです。


全ての痛みは


肉体に痛みとは言い切れないようです。


育成歴や


生活環境


心理葛藤などの


多くの混在したものと捉えると良いようです。



👆慢性疼痛の方が


苦悩由来が大半を占めていますね。


単純な痛みだと思っていても


MRI


CT


レントゲンで評価しても


原因がわからず。


それでも


痛みが


長引いていれば


慢性疼痛の可能性が高いです。


ただ痛いと思っていたら


実は


ストレスが


痛みの原因だった。


仕事を辞めて転職したら


痛みが軽減した


ということも当たり前にあるようです。


では


慢性痛を引きおこす


心理社会的因子をピックアップしてみましょう。


①感情

・親への愛情(甘え)欲求不満

・兄弟葛藤,姉妹葛藤

・抑うつ,不安,破局化

・罪悪感,恥

・怒り,不信

・社会的疎外感,妬み,劣等感


②行動

・過活動・不動

・痛み行動とその報酬

・痛み回避行動


③認知(自動思考)

・潜在的自己評価の低さによる頑張らずにはいられない思考

・愚痴,怒り,不満

・否定的感情を認められ抑圧する自動思考

・破局的思考

・こうあらねばならないという超自我的思考


④身体状況環境

・家族との関係

・学校,職場などでの人間関係

・金銭問題,補償問題

・交通事故での加害者との交流

・機能低下に伴う喜びの消失

・衰え


👆これって


「膝の軟骨がすり減ってるから痛い」


「腰が悪いから痛い」


とか


器質的(構造が破綻している)変化による痛みの問題だけではなく


かなり


精神的


社会的


生活習慣的


認知理解的(常識にとらわれてしまう)


な部分が


3ヶ月以上続く慢性疼痛に影響しているのですね。


そりゃあ


電気あてて


湿布貼って


飲み薬を与えるだけの


治療


リハビリで


改善するわけないですよね・・・。


大きな病院では


何ヶ月も痛みに苦しんで


ようやく手術で


痛みを緩和する人がいます。


しかし,


また痛みは発生することが非常に多いのです。


その原因は👆で述べたように


慢性疼痛の因子は


痛みの局所的な問題ではなく


感情・行動・身体状況環境・認知自動思考など


メンタル


社会背景的要素など


本当に複雑に絡んでいるのです。


そこの部分をないがしろにして


治療をしても


いけないのですね。


明日はもう少し


慢性疼痛について掘り下げて考えて行きたいと思います。


コツコツ


ともに学習しながら


痛みを改善させて行きましょうね。


行動行動



0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら