• 吉村 聖一

さあ,マインドフルネスを高めよう!



3ヶ月以上痛みが継続している人は


腰・膝・足首など


痛みが出ている場所が痛みの全ての問題ではなく

自分の

苦悩(職場ストレスなど)

心理的苦悩(頑張り屋の性格)

などが複雑に絡んで慢性的な痛みが続いていることを

理解

することで,

解決の道

が切り開かれると前回お伝えしました😌

慢性疼痛は,痛む箇所の問題だけではない。

弱りきった自尊心を回復させる。


構築させる必要があるのです。

その方法とは

①無条件の人間の価値(存在することですでに価値があることを意識する) ②無条件の愛(親,重要な他者,自分自身から愛を受ける)

①,②の条件を満たしていくと

人は

成長

すること(自尊心を構築する)ができるとお伝えしました😄


無条件に自分の価値を感じ


無条件の愛を感じる方法として


マインドフルネス(mindfulness)があります。


「意図的に,今この瞬間の体験へ注意を向けている(気づいている),ただし価値判断することなく(あるがままに)」


という心の状態を目指すのです。


「マインドフルネス」という心の状況は


①意識された注意・気付き


②今この瞬間の体験へ向ける


③価値判断・解釈することなく(あるがまま)


①〜③を体験することが大切なようです。


どうやって体験すればいいの?となりますよね😄


マインドフルネスと検索すると


たくさんの本が出ています。


👆「脳疲労が消える」というように慢性疼痛は


脳自体に影響していることが


科学的にも証明されています。


👆一日10分で調整する本も出ていますね😌


私の「痛みを予防する」という活動も


コツコツと体をメンテナンスして


予防していく必要があると考えています。



そのほかにも



マインドフルネスWalkingというものがあります。


慢性の痛みがあると人は


痛みやそれにまつわる心配事を


知らず知らずのうちに考え続けてしまうものです。


そうなるとどうなるのでしょうか?


そうですね😌


痛みに囚われてしまうのでしたね。


痛みに囚われるので


今行っている大切なことが


上の空になってしまうことが


起こりがちです。


それが


生活全般に渡ると


生活の質がとても低下してしまいます。


歩行の動きの感覚に意識的に注意を向け


丁寧にそれを感じながら


ゆっくり歩くこと(マインドフル・ウォーキング)は


「囚われを手放し今行っていることに心を込める」


ための良い練習になるとされています。


マインドフル・ウオーキングについては


次回,具体的に説明します。


それでは


行動行動


​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら