• 吉村 聖一

さあ,慢性疼痛を改善させよう!!



前回は


慢性疼痛患者の方には


①認知面へ働きかける技法


②行動面へ働きかける技法


があり


リハビリの場面では


「いきいきリハビリノート」というツールがあり


毎日の記録から


頑張り過ぎている自分をねぎらい


できなかったことについても


できなかった苦しさをねぎらうことが大切と


説明しました。


本日は慢性疼痛を改善させるために必要な知識と手段について考えていきましょう。


まず,慢性疼痛患者にみられる行動の特徴があります。


どのような特徴でしょうか?😄


①pacing(日常の動作を適度に分割して作業を行うこと)ができないと考える。


②一気にやらないと気が済まない。


③何かやっていないと落ち着かない。


④意識的に何か建設的なこと,前向きなことをしていないといけないと考える。


⑤半意識的にイライラ,不安,抑うつがある。休んではいけない,愚痴をいってはいけないという考えがある。


⑥無意識的に自己否定感,無価値感,罪悪感,羞恥心,怒り,悲しみ,羨望,悲しみ,寂しさがある。


①〜⑥に対してどれだけ当てはまりましたか?


何度も説明しているのですが,


慢性疼痛患者は頑張り屋さんなのです。


そのため過活動になり体を壊してしまう。


慢性疼痛患者さんの多くは「自分なんて人として劣っているからもっと頑張らないと価値がないと」否定的な感情があるようです😿


さらに慢性疼痛の人は


痛み感覚にばかり注目し


様々な苦悩に悪影響を受け続けています。👇


👆カウンセリングにより


痛みは痛む箇所だけが悪くて


痛みを出しているのではなく


自分の苦悩(職場ストレスなど)や心理的苦悩(頑張り屋の性格)などが複雑に絡んで慢性的な痛みが続いていることを理解することで,解決の道が切り開かれるのです😌


慢性疼痛は,痛む箇所の問題だけではない。


弱りきった自尊心を回復させる。構築させる必要があるのです。


その方法とは


①無条件の人間の価値(存在することですでに価値があることを意識する)


②無条件の愛(親,重要な他者,自分自身から愛を受ける)


①,②の条件を満たしていくと


人は成長すること(自尊心を構築する)ができるようです😄


特に日本は


評価主義社会です。


小学校から


成績表をつけられ


ランク付けされ


社会に出ても


出世するために


競争し続け


社会人になっても


人事評価され


人事考課され


点数評価されるのです。


そして,頑張りが足りないと判定されると


短期や長期の改善・成長目標等の課題を与え続けられるのです。


そんな競争社会で


自分の意見を肯定的に発言したり


価値のある人間だと意識したり


怒りを表に出したりすると


「何を生意気なことを言ってるんだ!!」


と上の人間に権力で潰されます。


まだまだ日本の会社というのは


主張し過ぎず


真面目に上の指示に従って


文句も言わず


使い勝手のいい社員が重宝されています。


そんな日本社会で真面目に育った頑張り屋さんは


もっともっと人より頑張らないと自分はダメだ


もっと行動しないと自分は価値がない


愚痴は絶対言ってはいけない


と自分を否定しながら頑張って働き続けます。


ぶっちゃけて言います。


人間は生きているだけで価値があります。


もっと無条件の愛を受け入れるべきですし


与えるべきです。


①「常識だから頑張れ!」


②「みんながやっているから正解だ!!」


①②はよく耳にする正論っぽい言葉ですよね😄


でも,数十年経てばその常識や正解は不正解になってますよね?


75年前の日本は「戦争することは常識」「みんな戦っているから頑張れ」でした。


今の日本ではこの考えは非常識ですよね?


だから,


どんなに正論っぽいこと言われて


点数や評価されても


それが絶対正解では無いのです。


点数が低い人間は価値が無いなんて常識もありません。


これからは無条件に自分を愛して


無条件に愛されて愛す行動をしてくべきです。


実はそれが


本当の成長で


慢性疼痛を改善する近道なのです。


成長することで


否定的感情から脱却しフロー状態(幸福感を得る状態)になれるのです😄


次回は


もう一つの改善方法について考えてみましょう。


行動行動



​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら