• 吉村 聖一

たなたの強みを磨こう



「あなたという商品 」の


価値を必要とする人はいるだろうか?


あなたを高く買ってくれる人はいるだろうか?


これからは


 「あなたという商品 」を


高める戦略が必要となる。


ライバルとの競争に


いかに勝利するかが重要と考えるのは


古い考えだ。


ZOZO のように


「競争しないことが

最高の競争戦略 」だ。


世の中は本当に


多様性となった。


テレビを見れば


理解し難い人間が


やたら注目され


メディア露出している。


この傾向は


あなたにとっても


大きなチャンスだ。


消費者が 


「多様性を求め、

よりワガママに 」


なったからこそ 、


あなたを必要とする人は


必ずどこかにいる。


細分化されたニ ーズに


特化すれば 、


競争は避けられる。


完全独占となれば


ライバルはいない。


それが今のZOZO だ。


その価値を求めている



顧客にとっては


なくてはならない存在なので


少し高くても利用する。


だから高収益になる 。


日本の繊維業界は


ユニクロ


激しく競争したので


低収益になり 


根絶やしにされた。


競争を避けることが


可能となれば


高収益が望める。


 「相手が求めていて 、

自分しか提供できない価値 」を 、 


自分の強みを作り出そう!


ではどうしたらよい?


大まかに考えたうえで 、


とりあえず行動だ。


行動した結果を見て修正し


また行動し、結果を修正する


繰り返すことだ。


 ライバルとの戦いを避け


 「戦わずして勝つ 」ことを


目指しながら


常にライバルの良い部分を


トレースしながら


自分の強みを育て


ライバルに勝とうとせず


戦いを避けながら 、


ライバルが手を出せない


ブルーオーシャンを見つけ


自分しか提供できない事を


タ ーゲットとなる相手に


提供出来れば最高だ。


人材評価で


「お前はここが弱い」


「ここが他者より劣っている」


と指摘される


弱みを克服するよりも 、


自分の光る原石を、


最高の輝きに磨き上げるべきだ。


同じ挑戦なんてする必要ない。


「誰もやっていないこと 」に


挑戦するべきだ。


自分の原石を磨きながら


新しい事を


2年はやり切ろう!と


期限を決めて続けよう。


未来はだれにも予測できないので


新しい事が失敗に終わることがある。


しかし、


2年磨き続けた原石は


必ず光輝き出している。


2年間やれば 、必ず学びがある。


挑戦しよう!行動しよう!


行動には没頭できる時間を


作る必要があり


10000時間の法則は


10000時間仕事を極めようと


本気で心がけたら3.45年で


極みを獲得出来ている計算になる。

(1日8時間仕事してるから)


私は仕事を始めて


とっくに3.45年経過しているが


全く極めていなかった。


何故か?


1つのニッチな分野に絞り


選択と集中


出来ていなかった・・・。


更に心から仕事を


楽しめていなかった・・・。


明確な目的が確立されて


いなかった・・・。


なので、10000時間の法則を


確実に達成させる方法として、


自分の強みを


しっかりと把握しておく事は大切。


ライバルは誰か?


私はライザップだ!と言う。


人が苦難を乗り換えられる方法では


「私は」ではなく


「私たち」のほうが達成しやすい


「汝の隣人を愛せ」という


精神がライザップにある


信頼と愛情で


体重を見事落としているのが


ライザップの強みだ


私は


信頼と愛情で


痛みを緩和しする!


そして人々が痛みなくいつまでも


長く楽しく働いて暮らせる


サポートをしていく。


そのためのマーケティング戦略


大切だ。


私のマーケティングプランは


こうだ


①自分の強みは?

怪我をして仕事をする事すら

辛くなっていた。

自分の身体は定年まで持たないと確信していた。

+その後学んだ5つの方法

+自分の身体をメンテナンスし運動が出来るように仕上げた経験


②だれの?

5つの方法を知らない人

これからも痛みなく仕事を続けていきたい人々


③どんな悩みに?

痛みを取る方法がわからず、

自己流になり困っている。

痛みを緩和して長く働きたいと考えている。


④いかに答えるか?

自分の経験を元にブログ、

ホームページ・セミナーや研修会を行う

最終目標:人々が痛みなく

長く楽しんで仕事を続け生活できること。


このように


自分のストーリーを作り


思い込ませる事で、


行動がぶれなくなり


一貫して目標に


向かうことが出来るはずだ。


なんとなく、


認定の資格を取ろうかな?


は、私はやりたくない。


そんな資格の勉強は


全く頭に定着する自信がない


そもそも挑戦しない。


あとは、


「私は」のひとりよがりでは


限界がある。


考えに共感して


「私たちは」と共に考え


歩んでくれる仲間を


発見して行きたい


行動行動

0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら