• 吉村 聖一

ちょっとしたきっかけで慢性疼痛は始まる



おはようございます。

本日は雨ですね。

4月から仕事が開始した人は

そろそろ疲れが出てきたころではないでしょうか?

その疲れから

膝・腰の痛みが出てきませんか?

今までの私は

でるタイプの人間でした。

私の場合は自分が

慢性疼痛になりやすい原因を見つけたので

どのような対策をとったらいいのかわかっています。

対策方法は私専用でもありますが,

応用を利かせれば

皆さんも対策ができます。

ちょっとしたきっかけで慢性疼痛は始まる

Cさんという方がいたとします。

その方は朝3:00から新聞配達員

昼は清掃の仕事

その後夕刊を配るという超朝型の仕事をしています。

1年ほど前

配達途中

足元に紐が出ていて

引っかかってしまい転倒,

右膝を痛めてしまったようです。

右膝は手術等必要ではなく

経過観察となりました。

右膝の外側にしばらく痛みがあったようです。

初めのころは右膝の外側に痛みをかけないように

していたでしょう。

しかし

数ヶ月すると

右膝の痛みは軽減したので,

通常通り歩行し

新聞配達をしていました。

しかし,

この季節4月

頑張ってしまう季節ですよね。

「右膝が痛くなる」と訴えがありました。

足のアライメント(姿勢)を確認すると



👆のように右膝に角度がついてしまっています。

この状況で普段より頑張って仕事をしてしまうと

膝には負担がかかっていくでしょう。

でもCさんは

この変化に気づいていないのですね。

もちろん

可動域訓練をし

膝の位置を改善させ

筋力をつければ

修正は可能です。

しかし,

大切なことは

Cさんにちょっとしたきっかけで

膝の位置が変形し

そのままの状態で

頑張って仕事をし続けてしまった事

放置してしまった事について

気づいていただくことが大切であり

さらに

その膝に対して

どのような自主トレーニングを実施すると良いのか

どの程度であれば

自主トレをこつこつ実施できるのか

相談し検討していく必要があります。

クリニックのリハビリでは

20分です。

その20分でじっくり

本人の生活習慣

人生プラン

希望

筋力

体力

持久力

協調性

性格

社会的背景

を網羅して適切なコンディショニングや指導はできません。

だから,皆

「神の手」に憧れるのでしょうね。

この方法

この手技で関節を動かせば

Cさん程度の膝であれば

ババっと治る。

はい,20分以内で終了😁

そうなりたい人が多いです。

しかし,正解は

Cさんについて可能な限り聴取し

組み立てたオリジナルの

コンディショニング方法でなければ

右膝は完治しないでしょう。

ちょっとしたきっかけで慢性疼痛は再発します。

もしかしたら

また紐に引っかかってバランスを崩すかもしれませんね。


まとめ

・ちょっとした怪我や生活習慣で慢性疼痛は始まる

・痛みが出る原因は一人では自覚しにくい

👆一人ではわからないものです。

ぜひセミナーに参加してください。

個別相談も14:00から予定しています。

電話予約制ですので,お早めに😁



0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら