• 吉村 聖一

スポーツに興味ない息子にBリーグ観戦させてみた



私が住んでいる地域には

三河SEAHORSESという

バスケットのチームがある。

いつも息子をプールへ

体育館に連れていくと

バスケットの試合がいつもやっている。

しかもBGMがガンガン鳴り響いて

楽しそう。

運動音痴で

スポーツに興味のない

息子に少しでも

刺激を与えるために

勢いでスーパーシートという

1Fの席を購入。

本日行ってきました。

会場前には

応援の旗にサインができるようになっています。



会場前には

ブースタークラブのテントがあり

そこで

ファンクラブ会員登録ができます。



キッズメンバーズ会員に

なりました。

1500円するのですが,

入会すると



このかっこいいボールが手に入るのです。

体育館でボール遊びしたいのですが

ストリートでバスケットリングがある

ところは

なかなかないので,

 大変です。

砂利とかでボール使うと

表面がボロボロになってしまうので

できれば室内で使いたいですね。

会場内に入ると

試合30分前でしたが

かなりの人が入っていました

なぜか餅投げをしていましたし

選手のアップを見学している人もいれば

チアダンの人を見てビールを楽しんでいる人もいました。

会場内はDJが音楽をガンガン流して

会場内を盛り上げていましたし,

タイムアウトの時には

スポンサーが宣伝し

無料のプレゼントを投げて配っていました。

息子はプレゼントキャッチできなかったのですが

心優しい人が

プレゼントを息子にくれたのです。

しかも息子が大好きな

銭湯の無料チケット!!



しかも2枚入ってた!!

本当にありがとうございます!!

ただの試合観戦ではなく

観客がワクワクしながら

観戦する方法を

本当に考えて

色々と努力しているところを感じ取ることができ

せっかくこの地に住んでいるので

地元チームを応援しようという気持ちが

自然と出てきました。

ワクワクして

ただ試合を見るだけではない

お楽しみ要素一生懸命に提供しようとする姿勢

感動しました。



そして,試合!!

かなり迫力がありました!!

ダンクの振動が響く!!

スラムダンクど世代の私には

もう息子のことを忘れて

釘づけになっていました。

結果としては

アルバルク東京に対して

55対65で負けてしまった。

6歳の息子は非常に単純な人間,

第3クオーターの時には

20点もの差をつけられていたので

「こんなところに来るんじゃなかった!!」

「もう負けろよ!!」

「あーもう眠い!!」

シーホース三河に対して

悪態三昧!!

その場で雷を落としてやろうかと

思うくらい

応援しない息子・・・。

でも,

初めて見る地元チームの試合,

選手の名前も知らないのに

ここまで悔しがるとは・・・。

まあ,

いい刺激を受けたので

良いことだとしよう。

今日はグラント選手が3Pを本当に頑張ってくれてました。

たまには

地元イベントに参加するのも面白いですね。

行動行動

0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら