• 吉村 聖一

ヘルニア悪化はそれが原因では?訪問コンディショニングだからこそ発見できたこと

長く続く腰痛・膝の痛みに苦しんでいる皆さんお疲れ様です。

あともう少しで週末ですね。


疲れは溜まっていませんか??

ストレスは溜まっていませんか??


私はストレスを溜めないように決心しているのでこんな行動をしています。

それは,

今お手伝いに行っているクリニック内で,看護師さんが私に何か伝えたい事をコソコソ仲間内で話しているのを察知した場合,

今までは「なんかいけないことしちゃったのかな?」と気にしてオドオドしていましたが,

現在は

「すいません,なんか不都合なことありましたか?」

と,声を大にしてコソコソ話をしている人間に向かって行きます。


なに話されているのだろう?(オドオド)と不安に思うより

さっさと聞いて改善すべきことであれば改善し

無理な内容であれば物申す。

少しでもネガティブな感情を作らないようにしています。


皆さんは上司や同僚・部活の視線や噂話を気にしたりしていませんか?


気にするくらいならさっさと声かけて聞いたほうが良いですね。


それでは本題です。


ヘルニア悪化はそれが原因では?訪問コンディショニングだからこそ発見できたこと

私の事業「訪問コンディショニングpain yobo」の仕事として

ご自宅を訪問しコンディショニングを実践している依頼者さんについてですが,こんな出来事がありました。


依頼者Aさんは5年前に腰のヘルニア症状があり,

その後しばらく状態が安定し,過ごすことができていました。

私にコンディショニングを依頼申し込みされた時には

資格取得で頑張ったり

仕事を頑張ったりした結果

ヘルニア症状が再発して苦しい,辛いと訴えがありました。


特に4月に状態が悪化したとAさんは言うのですが

なぜ悪化したのかご本人も

「なぜだかわからないんです」とのこと,

訪問コンディショニングなので,

Aさんのご自宅に私が訪問しています。


自宅の環境も把握できるわけです。


2階がAさんのお部屋です。


1階に行くと大きなスライド扉がありました。


その扉は車椅子を使用する家庭によく設置するタイプだったので,

Aさんに

「1階は誰かの部屋ですか?」と質問をしてみました。

すると

Aさんは車椅子の父の部屋とのこと。


そこからお父さんのお話になりましたが,Aさんは

「そーいえば,4月にこんなことがあったんですよ。父が車椅子からずり落ちて私慌てて持ち上げたんです。一人で本当に大変だったー。そういえばこの時に腰の状態が悪化したかも?」


と・・・。


多分,間違いなく静かに収まっていたヘルニアが再発した理由は

それですよ・・・。


自宅を確認することができたので,ヘルニアを悪化させる原因が自宅内にあることがわかりました。


総合病院勤務時代ではこんな発見まず無理です。訪問できません。


訪問できる患者は手術後自宅に帰ることが困難な人なので

家屋評価として訪問する程度です。


自宅を訪問するって発見がたくさんあります。


現場からは以上でーす。








0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら