• 吉村 聖一

人生の生き方自体を見直して日本の医療を救ってください!!!!



12月21日には


フレイル患者が


転倒し骨折すると


なかなか


退院できない


その原因としては


身体機能=運動器の虚弱があるからと


説明しましたね。


https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/press_seminar/report/seminar_02_04.html

👆サイト参照


身体的なフレイルの中には


・老年症候群


・慢性疾患


・ロコモ


・脊椎疾患


・変形性関節症


・骨粗鬆症


・サルコペニア


など


様々な原因・因子があります。


どの問題も


複雑に絡み合っているのです。


例えば


変形性関節症では


手術で


人工関節に悪い部分を


とっかえてしまう手術があります。


変形・変性した関節をとっかえるので


手術後さっさと回復して


2週間後には


自宅に退院できる人と


なかなか歩行が獲得できず


1ヶ月,2ヶ月かけて自宅退院する人の差があるのです。


同じ関節を人工物に取り替える手術したのに・・・。


なぜでしょう?


やっぱり


膝が悪いだけではなくって


加齢の進行差や


筋肉の衰え(サルコペニア)


骨粗鬆症


慢性疼痛などの


悪影響が回復の差を生み出しているのだと思います。


これはどれも


身体的フレイルの部分です。


健康に退院するためには


身体的フレイルさえ治せば全てが解決する?


いいえ


解決しないのです。


👆の図にもあるように


•社会的フレイル


•精神神経的フレイル


の側面が問題になります。


社会的フレイル


外出減少


閉じこもり


独居


老々介護


貧困などがあります。


精神神経的フレイル


抑うつや


軽度認知機能障害があります。


運動器の部分は回復しても


社会的・精神神経的な虚弱状態から


なかなか自宅に退院する事が


できない方が非常に多いのです。


しかし,


日本は


病院には長く入院するな


在宅生活をしなさい


地域で暮らしなさい


助け合って暮らしなさい


と猛烈にプッシュしています。


しかし,


フレイル状態の人を


回復させて


また自宅に返すことは


本当に時間と労力が必要です


莫大な人件費も発生しています。


さらに


なんとか歩けるように


回復させても


特に


社会的フレイルだったら


お金がないから何もできない=閉じこもり


老々介護ですぐに疲弊する


独居だから何もやる気が起こらない


精神神経的フレイルであれば


抑うつ状態なので


ポジティブになれない


と歩くことができて自宅に帰っても


土台や精神状態が悪すぎる。


ではどうなるのでしょうか?


何らかの怪我・病気をすぐ発症して病院にまた担ぎ込まれるか


全く動けなくなり介護状態まで機能が低下して保護される


孤独死も当たり前な社会・・・。


そんな状況になることを安易に想像できる。


では,


病院でフレイル状態の人を


療養し続ければ良いか?


そんなことをしたら


日本の救急医療,病院自体が崩壊する


緊急で早期に的確な医療・治療が本当に必要な人に届かなくなる。


ではどうしたらいい?


日本は思考錯誤しながら


地域包括ケアシステムの推進をしている。


👆これでなんとかなればいのですが,


私の印象では


石橋を叩きながら


議論を重ねて


じっくり検討し


着実に成果を出そうとしていますが,


動きが遅すぎる


本当に遅いのです


「本当に地域ケアが大切だね」


と日本中の国民が地域ケアの大切さを理解した頃には


すでに高齢者人口が低下している時代に


なっているのかもしれません。


地域包括ケアシステムのような


助け合う社会を成功させるには


あなたが人生の生き方自体を見直す必要があるのです。


「え?何?何で?」


と思われるでしょう。


めちゃくちゃ簡単に説明しますね。


はっきり言って


医療費・介護費・などの


社会保障費は


馬鹿がつくほど


増え続けています。


2012年で109兆円


2040年予想で190兆越えです


その財源は保険や税金です。


でも,


それを一番収める人は


生産人口=働く若者


です。


そんな生産人口が


激減しているのに


どうやって


国が考える地域包括ケアシステムを動かすのですか?


①病院(急性期に診る)


②介護施設(亜急性期・維持期に診る)


③健康プラザ


④役所・活動拠点など


①〜④を維持するお金


⑤ケアマネージャー


⑥看護師


⑦介護士


⑧療法士


⑨薬剤師


⑩無数の職員


⑤〜⑩の働く人々のお金(給料)


どうやって捻出するのですか?


今までは




毎月収めている健康保険の


消費


などの集めたお金の方が


使われる


お金より多かったので


なんとかやっていけたはずです。


今は徴収するお金よりも


医療・介護費に出て行くお金の方が多い時代になっているのです。


国が借金して


国民へ


医療・介護費用を提供しているのです。


あなたが人生の生き方自体を見直す必要があると伝えましたよね?


それは


老後を国がフォローしてくれるなんて


考えてはいけない


ってことです。


だって


毎月・毎年収めているお金以上のお金を国民はジャブジャブ


湯水のように使ってんですから・・・。


石油の出る国と同じ発想してたら


崩壊しますよ。


石油が出る国も


代替エネルギーが出てきたので


今更になって慌てて


石油に頼らない仕組みを作ろう!!


とかやってますよね。


その間に


腹一杯甘い蜜を吸って


贅沢に私腹を肥やし過ごしていた人間に


そんなことを訴えても


相当追い込まれないと


変化しないと思うんです。


わかりますよね?


そんな似たようなことが


医療・介護・社会保障問題で起こってるのが


私たちの住む日本の問題なんです。


ジャブジャブ医療費使いまくりです。


石油=医療費比喩できますね


どちらも有限ですよ。


もう一度言いますね。


考え方を変える必要があるのです。


老後の考え方を変える必要があるのです。


定年が人生のゴールという考えを変える必要があるのです。


年金生活と個人年金で溜め込んだお金で何とかしようとする考え方を変える必要があるのです。


老後は金で解決するだろうという考えを変える必要があるのです。


お金は


信用の取引のツールとして誕生しました。


そのお金を日本国民は貯蓄して


老後に使うシステムにしていたんですよね。


でも,そのお金が足りなくなった。


だから,錬金術のように


お金を印刷して借金して


そのお金で医療・介護・社会保障費に使ってますね。


お金は信用で発生するといいましたね。


借金でお金を作れているんですよね?


では借金ができるということは


日本という国に信用があるから


借金できるのですね?


どっかの石油が出る国のように


金になる石油があるからと言って


ジャブジャブ金使って


私腹を肥やしていたら


その石油の需要がなくなった時には


金を生み出す信用物が全くないのです。


私服を肥やして金を使いまくる国民に対して


信用して金を貸そうとする人は居ないですよね。


少しずつわかってきましたね。


今,社会保障費をジャブジャブ使っている日本国民のみなさんは


このまま突き進めば


どっかの石油の国と同じになるのです。


日本国民は社会保障費問題に対して


ちっとも改善しようとしない


医療費削減を意識していない


予防・健康・医療リテラシーを全く高めようとしていない


と認識されてしまったら


信用は落ちていくだろうね。


今は日本・日本国民が世界中から比べても


信用がある国だから


円の価値も維持されているし


借金もすることができる


まだ間に合うはず


まだ間に合うはずだから


日本が一番お金を使っている


医療・介護・福祉・社会保障に対して


日本国民が得意とする伝家の宝刀


カイゼンができなければ


信用は低下していきますね。


借金してお金を作りだすことができなくなるのです。


「でも将来不安にならないくらい金溜め込んでいれば安心でしょ?」


という発想になる人もいると思います。


でも,老後定年退職して


悠々自適な生活を謳歌できる人って


本当に金持ちの人しかできないと思っていますし


金持ちの人も体調を崩したら


一般人と同じ総合病院を利用するし


同じように社会保障費使いますよね。


日本の医療は所得に応じてわずかな差はありますが


比較的平等に同じ質の医療を


生活保護だろうと金持ちだろうと受けるのです。


まだ日本には


金持ちだけが利用できる総合病院とかないですよね。


医療技術や質の高さは


国民全体の努力と質の高さで決まってくるのです。


「金を持っているから大丈夫っしょ」


という金持ちの人が増えると


既得権益にしがみついたり


若い芽を叩き潰したり


不正を平気で行なったり


いつまでもポジションを若い世代に譲らない


もっと多くのお金を独り占めしよう


と考える人が増えてしまいませんか?


格差社会になっていきませんか?


冒頭のフレイルについて思い出してください。


フレイル=虚弱状態になる原因の一つに


社会的フレイルがあり貧困という問題がありましたね。


貧困によって虚弱になり


一度病院へ入院すると


病院生活の方が快適で


規則正しい生活


栄養バランスの整った食事


適切な運動指導


があります。


快適ですよね。


体が改善して


歩けるようになって


「退院日ですねおめでとうございます😄」


と言われても


退院する先は貧困が待つ生活・・・。


退院したら


不規則な生活になり


偏った食事となり


運動をすることがなくなります


また


フレイルが進行していくのです。


そして,また入退院を繰り返す・・・。


貴重な日本国民の血税が


この繰り返しで


ひたすら使われているのです。


そんなのが永遠に続けられるわけがないですよね。


年間190兆円ですよ?


やっていけないので


国はさらに


病院に対して


ノルマを与えるのです。


入退院を繰り返すリピーター患者を輩出する病院には


国からの補助金停止や


ペナルティとして返戻を病院に請求ケースが発生するでしょう。


そうすると病院は必死になります。


フレイルな患者は


「当院では受け入れません」


とか


積極的な医療をあえてしない


とか


そして働いているスタッフにも


厳しいノルマが課せられます。


患者を良くしなければ


罰則としてお金を国に返す必要性が出てきます。


現場はピリピリします。


でも,


根本的原因は


身体機能の低下ではなく


社会的フレイル=貧困


だったりするのです。


これって


医療現場のスタッフが解決すべき問題ですか?


これって


患者の問題ですか?


私は日本社会の問題だと思っています。


とにかく


今後は


ますます,医療費削減に国は力を入れていくので


国の命令に従って


生き残れる病院と


生き残れない病院が出てくるでしょう。


みんな平等な医療は崩壊しますね。


金持ちも住んでる地域によっては


病院が潰れるので


住む場所を変えないといけないでしょうね。


住みなれたいい土地でも


インフラが整っていなければ


不便ですよね


安心できませんね


せっかく豪邸建てても価値が下がりますよね。


日本の医療を維持するのなら


格差社会は作ってはいけない


めちゃくちゃ儲けたら


分配する勢いでやってください


あなたが人生の生き方自体を見直す必要がある


と伝えましたよね。


日本が超高齢社会をトップで駆け抜け


世界中に注目されて


世界中に

信用されて


繁栄し続けるためには


今から


今までの常識から脱却して


All Japanで世界にアピールしていく必要があるんだ。


それは


①予防医療の普及


②定年というゴールは無いという意識


③個人が信用をお金に変えていく世界


👆が大切。


体が壊れるくらい好き勝手に生きて


体が壊れてから


湯水のように医療保険を使うのではなく,


子供の時から怪我をしない教育・運動方法をサポート


仕事は体とメンタルを壊さないように


好きなことを仕事として行い


体をメンテナンスしながら


最後まで,働ける限り様々な仕事を楽しんで行う。


そんな個性ある人間が多く排出されたら


面白く無いだろうか?


世界中も注目するだろう。


ひと昔前は


SONYや


日立


東芝


など会社・企業に注目・信用があり


株という形でお金が集まった。


それだけ社会的に有名な会社は信用があったのだろう。


でも,


出るわ出るわ


一流企業の不正やらリコール・内部告発・・・。


一流・安心・信用というメッキが剥がれてきた。


そして,日本を代表する企業の存在が小さくなってきた。


今は,信用ある個人にもの凄い勢いでお金が集まっている。


そして,いちいち審査や多数決


評議にかけないで


さっさと行動して


結果を出している。


この流れはもっと加速するだろう。


大企業の信用度で大量のお金が今までは日本に集まった。


でも,衰退してきている.


その代わり,個人として信用されお金を集めることができる日本人が増えている。


ITの普及により


情報が溢れ


多くの人が常識は一つでは無いと


気付き始めてきたよね。


成熟した企業は


上に上り詰めた人間たちが


既得権益にしがみつき


変化を嫌い


過去の成功が正しいとする


面白い仕事の提案しても


コンプライアンスやら


審議やら評価などでフットワークが遅い


ある程度プロフェッショナルになったら


独立して企業やった方が


たくさん挑戦できることに気がついた


60歳まで真面目に会社の仕事して


65歳くらいから第2の人生


その頃には


時間をお金に変えていた代償として


ストレスや痛みが体を蝕んでいる


そして,病院通いの日々が始まる・・・。


ジャブジャブ社会保障費を使う


負債は毎年何十兆と膨れ上がり


将来の子供たちに負の遺産を蓄積する


そんな高齢者が


日本国民の3分の1もいる日本の未来に


明るい将来や成長を感じることができるでしょうか?


信用が得られるでしょうか?


老害だらけの日本は


確実に


日本国民(特に若い世代)からも


世界中からも


信用を失います


お金が集まらなくなります。


だから,これからは日本国民全員が


All Japanで世界中から信用されるようになればいい


すると


自然に


お金は集まる


円の価値が高くなる


病院は潰れなくなる


平等な医療が受けられる


多様性が出る


みんな健康的に予防しながら働き続ける


活気が社会に溢れる


生産人口が増える


これから高齢化する世界各国が日本に注目する


日本の価値が上がる


成功事例を世界各国に逆輸入だ


だから


少しずつゆっくりでいいから


今までの常識から考え方をシフトしていこう


これで少しは


私が繰り返して


あなたが人生の生き方自体を見直す必要がある


格差社会を作れば


しっぺ返しは必ずくる。


貧困フレイル患者によって


医療が崩壊するよね。


国がなんとかしてくれるじゃ無い


あなたの考え方,行動次第で日本は


絶対変わっていく。


絶対に。


常識だと思って


なんとなく漠然とやっている仕事ないですか?


仕方がないと抑えている思いありませんか?


もう少し個人を出してもいいと思う。


信用される人は自分にも嘘をつかない人と


言われています。


自分の心に嘘をついて


やりたくないと思っている仕事を続けていると


あなたの仕事に対して信用が無くなる


さらには信用できない仕事を手がけている


あたなは全く信用されないのです。


そんな状態で65歳を迎え


定年したら


あなたには何が残りますか?


細々と生きていく程度のお金でしょうか?


もしかしたら


贅沢に生活できる蓄えがあるかもしれません


でも信用がないので


一緒に旅行してくれる仲間が居ない


楽しみを共有する人が居ない


そんな孤独が続くと


精神神経的フレイル=抑うつ症状


社会的フレイル=閉じこもり,孤独


そんな老後面白くないですよね。


答えは出ましたね。


自分に正直になることが


信用を得るための


大きな一歩になるでしょうね


それでは


行動行動

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら