• 吉村 聖一

安い炭水化物の提供は止まらない



コツコツやっていることといえば

予防医療普及活動ですが,

結局は国が本気で

行動してくれれば

地域社会の健康レベルが変化するようです。

今回私が気になったのは

炭水化物摂取についてです。

安い炭水化物の提供は止まらない

みなさん

今日の昼は何を食べました?

私は買い物ついでに

フードコートで外食しました。

メニューは

ラーメン・ミニ丼セット780円です。

そうです。

ほとんど

炭水化物炭水化物です。

イオンやショッピングモールの

フードコートの店を見てください。

フードコートの店って

どんぶり屋さん

ラーメン屋さん

マック

パスタ屋さん

たこ焼き屋さん

お好み焼き屋さん

どれも炭水化物ですよね。

なんででしょう?

答えは簡単です。

安くて美味くて

客のお腹を満たして

一律に商品を提供できるからです。

そうです。

炭水化物は

安いのです。

穀物は大量に安く仕入

加工しやすいので

重宝されるのです。

そして,

すぐエネルギーになる。

ささっと食べて

すぐパワーにできるのです。

この炭水化物

昭和時代の

汗水流して

体をよく使う時代には

すぐ使えるエネルギーとして

利用できましたが,

現代は

PCなどの作業が多くなり

・体をあまり動かさない。

・運動をしない。

・移動は車や電車

・歩かない

・飽食時代で甘いものがすぐ手に入る

と時代によって変化していますね。

仕事の働き方は変化しているのに

食べ物は

いまだに

安くて美味しいから

という理由で相変わらず

ラーメン&ライスとか

当たり前のように食べていませんか?

これは

脂肪が体に溜まりやすい

炭水化物=糖分です。

糖分が高すぎると

インスリンが枯渇して

最終的には

糖尿病になります。

糖尿病になると

心疾患や

足の切断など

怖い病気が待ち受けています。

時代の働き方に合わせて

本当なら

飲食店も

人々の働き方,健康に合わせた

食事を提供する必要があるはずです。

2年前

私の地域には

マックの隣に

サブウェイがあった。

野菜をたくさん取るでいえば

絶対的に

サブウェイだ,

トッピングで包みから

飛び出すくらい野菜を

入れることができた。

そして

とてもフレッシュだった。

しかし,

サブウェイは潰れ

ナゲット問題であれだけ

叩かれたマックが

今では堂々と運営し続けている。

そして

無意識のうちに

私も

早くて

安くて

すぐ食べられる

マックを利用するようになっていた。

人間は

よほどお金に余裕がなければ

安くて

早くお腹を満たしてくれる

味の濃い食べ物を

常に食べてしまう。

それは

結局

炭水化物だ。

研究では

野菜を多くとっている人は

取らない人に比べて

20%糖尿病になりにくいとある。

www.dm-net.co.jp

そんな効果があるのなら

なぜ野菜中心とした

外食産業が

もっと流行らないのか?

その原因として

野菜は

・鮮度が大切

・季節性がある

・天候に左右され価格変動が強い

・保存がきかない

・量を増やすと単価が上がる

・調理が面倒

・原価が高い

・利益率が低い

などの問題がある。

それに比べて

炭水化物は

・貯蔵できる

・加工しやすい

・季節に左右されない

・フレッシュでなくても良い

・保存がきく

・量を増やしても良い

・調理簡単

・原価が安い

・利益率が高い

のです。

結局炭水化物を販売した方が

楽して儲かるから

炭水化物を提供し続けるのです。

みなさんスーパーで

意識して買い物してみてください。

炭水化物の商品が如何に多いことか,

炭水化物商品中心に買い物すると

10品=2000円で購入できるとします。

これが

野菜や肉・魚の炭水化物以外だと

10品=4980円くらいにはなるでしょう。

野菜・肉・魚中心で買いものや

外食をすると

とにかく

値段が高く懐を圧迫するのです。

本当に

国民の健康を考えているのであれば

国レベルで対策してほしい。

野菜を多めに提供している

外食産業には

減税するとか

助成金が出るとか。

野菜を積極的購入している

国民には健康保険料が安くなったりするなど

面白い対策を考えてほしいものだ。

格差社会は確実に広がっている。

このままでは

我々は無意識のうちに

安いという理由で

炭水化物を購入し

食べつつけることになるだろう。

そして,

いつか

そのツケが溜まって

生活習慣病

苦しむことになるのだ。

本当に地獄ですよ。

糖尿病になったら

死ぬまで

血糖値下げる薬浸けですよ。

これも,

製薬会社のいいカモです。

死ぬまで

その薬を飲み続けてくれるわけですから。

たっぷり

お金を徴収できますよね。

薬品会社

ウハウハですね。

では,

悲しい日本国民の結末です。

老後が不安だから

安い食費で切り詰めて

必死に老後の金貯めたはいいが

糖尿病になる。

最終的は

その金も

医療費や治療費で

消えていく・・・。

本当に

考えて行動しなければ。

行動行動

0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら