• 吉村 聖一

慢性疼痛の痛みを取ろうと頑張る方へ それは大間違いです



最近の私のブームは

愛知県刈谷市を拠点としている

Bリーグというプロバスケットボールチーム

シーホース三河を応援することに

はまっています。

なぜ,ハマってるのでしょうか?

スラムダンク世代も影響していると思いますが。

結果を残さなければいけない

シビアな世界を

関節的に触れることができ

応援することで

試合の流れも変化する。

また,長く観戦していると

選手の特徴やメンタル

求められるスキルなど

私たち社会人に必要な学習もできちゃうからなんです。

今のシーホース三河は

CSという最終戦に行くことができるかどうかといった

ある意味

崖っぷちな状態です。

本当に首の皮一枚で繋がっているのです。

残り2戦あるのですが,

絶対に負けることができません,

4月13,14日にも大切な試合がありました。

試合を見ていて面白いなーって思うことは

頑張れば必ずいい結果=勝利では無い気がしたのです。

ではどのような時に

勝利を手に入れるのでしょうか?

それは

ここのプレーヤーがのびのびとプレイする

いい雰囲気でプレイする

心身に緊張を持たせずプレイする

試合中に笑顔が出てしまう状態でプレイする

と必ず

良い結果=試合に勝利しています。

その逆をすると

必ず負けているのです。

で,今回のタイトルに繋がります。

慢性疼痛の痛みを取ろうと頑張る方へ それは大間違いです 

👆になります。

バスケを例にしましたが,

「勝たなければならない!!」

と選手たちが気負って

ガチガチにならないように

鈴木監督(シーホース三河の監督)は

「選手たちがのびのびプレイするよう声かけした」とあります。

決して「頑張れ」と声かけしていないんですね。

その結果,

見事シーホース三河は2連勝しました。

勝利といういい結果がついて来ましたね。

慢性疼痛も全く同じです。

膝が痛いから痛い

腰が痛いから痛い

のではなく

脳の一部分が痛みを強く受け止めてしまう状態

痛みを緩和させるように

働きかけることができなくなっている状態に陥っているのです。

そのため,

慢性疼痛は「頑張ろう」として

力むとより脳へストレスが生じ

緊張や痛みを緩和することが難しくなります。

バスケの試合結果のように

勝利=痛みの緩和・改善を勝ち取ることは到底難しくなります。

だから私は

患者さんに頑張らないようにアプローチします。


他のクリニックや整体とは違うところを説明します。

通常は患者さんが診療室に来るなり

ゴロンと横になって

「じゃ,先生よろしく」という

スタイルが多いです。

私はそれは絶対にしません。

患者を頑張らせることはしないですが,

ただ単に可動域訓練やマッサージをして終了はしません。

確実に相手と向き合って,

何が原因なのかを考え

どうやったら

緊張せず頑張らない生活ができるのか

共に考えて

アプローチしていきます。

そのためには

まずは簡単な学習が必要です。

その簡単な学習が難しい場合は

慢性疼痛の改善は困難となるでしょう。

共に行動していきましょうね。

それでは良い一日を😁

0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら