• 吉村 聖一

慢性疼痛の運動療法の進め方



みなさん足腰・各関節


3ヶ月以上の痛みが続いていることはありませんか?


痛みが長く続いている方は


慢性疼痛になっている可能性がありますね。


慢性疼痛は器質的な痛みのみではなく


・痛覚伝導路の亢進


・痛覚抑制系の機能低下


・快感消失


・自己否定感


などが複雑に混じって


痛みを感じやすく


そしてその痛みで


メンタルが低下する


そして


抑うつや引きこもりになってしまうのです。


なんども繰り返しますが,


慢性疼痛の方は


頑張り屋さんなのです。


真面目なんです,


努力家なんです


必死に毎日色々と考えているのです。


そんな頑張り屋さんだからこそ


マインドフルネスという方法を使用して


「今この瞬間」に意識させ


マインドワンダリング


のように


雑念にで脳内を占拠されないように


改善させることが必要です。


本日は慢性疼痛に対する


運動療法の進め方について考えていきましょう。


慢性疼痛改善のためには


身体活動・運動を促すことが必要です。


そのプロセスは


①ゴールセッティング:長期目標

     ↓

②ゴールセッティング:短期目標

     ↓

③運動(行動)プログラムの設定

     ↓

④フィードバック ゴールとプログラムの修正


①の長期目標については

・仕事に復帰する

・趣味のサークルに復帰する

・外出できる頻度を増やす

などの目標設定を行います。


②の短期目標では

・毎日散歩する

・歩行距離を1kmまで増やす

・階段を手すりなしで上がる

・リハビリメニューを毎日行う

などのなるべく達成しやすい目標を設定します。


👆これは「いきいきリハビリノート」の書式ですが,


目標に対してフィードバック,ゴールと


リハプログラムの修正を行っていきます。


ここで大切なのは


目標設定にはポイントがあるようです。


そのポイントとは


SMARTで目標を設定します。


Specific:具体的


Measurable:計測可能


Achievable:現実可能


Realistic:現実的


Time-targeted:時間(期間)を決めて


慢性疼痛の治療では


長期目標・短期目標をSMARTで考え


治療者とフィードバック(話し合い)しながら


ゴールを目指していきます。


しかし,


真面目で頑張り屋さんの慢性疼痛患者さんには


ある特徴があるのです。


ついつい


真面目な性格


努力家な性格が出てしまうので


運動をやりすぎてしまうことがあるのです。


そして疼痛が悪化すると


一転して全く動かない


という


0か100か極端な考え方に陥りやすいのです。


慢性疼痛患者は


運動・活動のペースをつかめないのです。


pacing=運動・活動のペースを整える


ペーシングを向上させることが大切です。


さらに


失敗体験を繰り返し


「これならやっていけそうだ」という


self-efficacy(自己効力感)が低い人が多いため


痛みの悪循環に戻っていくリスクが高いようです。


慢性疼痛患者さんは


「痛みを取りたい」と思うあまり


適度な運動ができず


疲労・疼痛を作る運動を努力して行ってしまうようです。


痛みはゼロにならないかもしれない


痛み≠治療目標


と考えることが大切です。


痛みは不思議と


痛みに対する考え方,


捉え方を変えることで随分と楽になるのです。


仕事でもなんでも共通して言えることですが,


一気に全部を改善,大きな成果を求める思考から


小さな成果を沢山集めるように方向転換させる思考へと


変化させる事が大切です。


まとめ


慢性疼痛を改善させるためのポイント


①小さな達成感を確実に・数多く体験「自信」につなげる


②coping skill(対処能力)を蓄積する


③pacing(運動・活動のペースを整える)を磨く


④self-efficacy(これならできそうという自信)を強化・向上する


①〜④を効率的に実施することは


記録をつけることです。



👆のようにリハビリノートをつけても良いですし。


もっと気楽に振り返るのであれば


日記などをつけて


自分が行っている習慣や運動について振り返ると良いでしょう。


私は運動する習慣を定着させていますが,


タイムスケジュール管理まで徹底できていないので


朝起きて


「今日は寒いからランニングを中心しよう」


と頭の中のスケジュールを変更してしまうのです。


スケジュール表に


何時にランニングと決めていれば


やるしかないですよね。


👆私は2019年用にこの手帳を購入しました😄


スケジュールを見える化し


管理しながら


ゴールを目指す。


みなさんも


スケジュールを組み立てて


小さな成功体験を積み重ねて


慢性的な痛みや


生活でのストレス改善を図りましょうね😌


それでは


行動行動




​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら