• 吉村 聖一

慢性疼痛は「今この瞬間」を意識することが大切



前回はマインドフルウォーキングについて説明しました😄


「なんで単純な歩くことをこんな面倒な方法を使って行うのか?」


と疑問に思う方もいらっしゃると思います。


このマインドフルウォーキングは


マインドフルネスを取り入れた歩きです。


私の解釈では


痛みに対しては運動が必要なことは明確になってます。


しかし,


ただ運動さえすればいいと考えて


毎日一生懸命


1万歩を目指して歩行をしている方がいます。


「とにかく運動さえすればいい」


という考えの背景には


低い自己肯定感=自分には価値がない


何か建設的なことをしないといけない


前向きに行動しないといけない


否定的な感情を持ってはいけない


👆のような過活動と否定的感情が強く


とにかく行動して


交感神経を亢進させて


動き続けなければいけないと半強制的に


体を動かし続けている方がいます。


そのような方は


リラックスの方法を忘れてしまうのです。


休んだら体が動かなくなる。


休むことはよくないことだと極端な考えを持つ方もいます。


本当に大切なのは


安楽を覚えることなのです。


静かな快感=リラックスを感じる必要があるのです。


みなさんリラックスできていますか?


このリラックスができない人は


次第に心身が疲弊し,動的快感(交感神経を高めることで得られる快感)の意欲も低下し


抑うつや引きこもりになるリスクが高くなるのです。


多くの方は


マインドワンダリングに苦しめられているようです。


「今この瞬間」に起こっていることに


注意を向けられず


ふと悪い出来ことや,


心配事を考えてしまうことはありませんか?


そのような状態をマインドワンダリングと言うようです。


慢性疼痛の人は


3ヶ月以上痛みが生じています。


不快な感覚が慢性的に


日常生活に生じるのです。


その痛みが引き金になって


快の感覚になれない


今この瞬間に注意を向けることができない


痛みに注意が向かってしまう


痛みを考え出すとマイナス感情が出てきてしまう


最終的には過去に囚われるだけではなく,未来にも意識が向くようになり「明日も痛みが続くのか・・・」と今起こっていることではない過去と未来に心が囚われ,マイナスの感情から抜け出せなくなり「心ここにあらず」の状態になってしまうようです。


そのため,


マインドワンダリング(痛み・マイナス思考に費やしている時間)がいかに多いのか自覚し


注意の転換を行う努力が必要となるのです。


その注意の転換方法の一つが


マインドフルネスであり


具体的な方法としては


マインドフルウォーキングなのです。


ただ歩行・運動するだけではなく


自分の感覚体験への注意を得ることが大切です。


どのようにして意識を「今この瞬間に持っていくの?」


と思う方は



👆の書籍を一読していただくと


イメージできると思います。


「今この瞬間に集中する」ことが


ストレス対処・心理療法の


全ての基本になるようです。


マインドワンダリング(負の考え)を


1日の50%も費やしている人が多いという


データもあるようです。


1日に占めるマイナス思考・不安の量を減らし


今この瞬間に集中し


体にリラックスした時間を


与えることが


コツコツとできれば


慢性疼痛を予防・治療することが


可能になると思います。


行動行動












0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら