• 吉村 聖一

死亡原因はがんが一番だが


死亡原因の比率はがんが一番だが



https://seniorguide.jp/article/1019204.htmlyより引用

👆は厚労省から発表された


「平成28年(2016)人口動態統計(確定数)」を基にした、


日本人の死亡原因のグラフです。


1位 がん  28.5%

2位 心疾患 15.1%

3位 肺炎  9.1%


やはりがんの死亡率はダントツだ。


いずれ私たちには死が訪れますが,


その死を少しでも予防する方法を


模索していくことが必要だと思う。


生涯がんになる確率は


男性で63%,女性で47%もある。


かなりの確率だ。


がんの死亡する確率は


男性25% 女性17%


男性は4人に1人が


癌で亡くなるので


覚悟しなければなりません。


ただ少しでもがんになる確率を


予防する方法が,


少しずつ解明されてきたのも事実。




https://kichinto.club/knowledge/cancer/cancer02.htmlより引用

がんの死亡数も変わってきている。


男性であれば胃癌が減少,


女性でいえば乳癌が低下している。


生活習慣や検診の効果も出ているのかもしれない。


特に胃癌はピロリ菌が元になり


がんになるとされている。


しかも,99%の原因が


ピロリ菌が元となっているようだ。


ピロリ菌の検査は


簡単な検査キットもあれば,


検査をしている内科に行き


血液や尿による検査,


最終的には粘膜をとって


検査検査することで


感染の有無をほぼ確定できる。


もし菌が見つかった場合は


除菌治療があるので安心だ。


予防医療普及運動により


検査明確な菌があるなど


原因がはっきりしているものは,


しっかりと検査していくことで


確実にリスクを回避できる。


正しい情報を収集して


予防を実践することが大切だ。


ついついがんに意識が向かいがちだが,


死亡する1歩2歩手前の


「要支援・要介護」をお知りだろうか?


介護保険料を40歳から


年間10万(収入による)ほど収めている。


その要介護状態になる原因が



約35%が運動器の機能低下とされている。


痛みがあり骨・関節・筋力の低下によって


要介護状態になるということは,


体が動かなくなるので


心臓の機能や肺の機能,


血管の機能が低下する。


さらに,体力がなくなるということは


免疫力低下もあるため,


がんになるリスクも高まるはずだ。


死因で考えると


がんや心疾患・肺炎が軒を連ねているが


運動器機能低下により


死因の1.2.3位をさらに


悪化させるリスクが高まってしまうのだ。


では,


どのように運動器の機能低下を


予防していけば良いのだろう?



それは第2弾

痛みの勉強会で実践する


【開催日】 2018年9月30日(日)

【会場】 刈谷市産業振興センター 501会議室

https://www.google.com/maps/place/刈谷市+産業振興センター/@34.990649,137.011178,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xe84bc97a36b348d5!8m2!3d34.990649!4d137.011178

【開始】 13:00から2時間程度

【参加費】 1000円

【定員】 10名

【テーマ】 運動器機能低下を予防する



以上!!

行動行動

0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら