• 吉村 聖一

理学療法士は治療できる?できない?



みなさん体のどこかが痛いとか

怪我をしたことがあるとかないでしょうか?

クリニックや病院では

理学療法士という職種が

リハビリをしています。

リハビリって

なんでしょうね?

一応簡単に法律をご説明します。

理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マツサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。

とあります。

理学療法=リハビリとよく言われるのですが

本当は治療体操や

その他の運動を行わせるとありますから

患者に運動をさせることが一つ

もう一つは

電気刺激,

マッサージ,

温熱その他の物理的手段を加える

物理療法があります。

ご存知でしたか?

手で行うマッサージは

マッサージ師の業務独占なので

理学療法士はマッサージできません。

リハビリ時間で

患者さんが

「揉んでくれ』

とよく言われますが,

私は法律に触れることはしたくないので

マッサージは一切やりません。

マッサージは

あん摩マッサージ師の業務独占ですからね。

マッサージせずにどうするの?

となると

リハビリは

患者の機能回復のために

運動をさせるのです。

運動なので患者自身が頑張り

自分の手足を動かして

機能を高めていただく必要があります。

ここでよく理解していただきたい。

患者の回復とは何か?

これを考える必要があります。

障害の内容を考えてみましょう。

事故や病気で

身体にダメージが生じたとします。

外傷や病気です。

これらは器質的回復

基本起こらないと考えていただきたい。

器質的損傷とは、「解剖学的に損傷のカタチが認められるもの」になります。 ある障害や病変の原因などについて,身体の器官のどこかが物質的,物理的に特定できる状態にあるということになります。

器質的損傷と骨傷|後遺障害より引用

物理的に足がないとか

半月板を切除してしまった

などは

トカゲではないので

生えたり元に戻ることはありません。

ですから

リハビリは

機能的回復のために治療が行われるのです。

これに私たちは介入しています。

寝返りすること

起きること

座ること

立ち上がること

たち続けること

歩くこと

健常者では当たり前すぎる内容ですが

外傷や病気でこのような動作ができず

機能低下している患者がたくさんいます。

しかし,年齢や体力・骨関節の変形などの因子から

機能的回復が起こらない・起こせない場合があります。

この場合は,代償機能(腰が曲がっていてもその状態で歩くなど)

を利用して活動の自立を目的とした訓練を行なっています。

機能障害というのは

外傷や病気をしなくても

生活習慣や加齢,運動不足などから生じることもあります。

膝が痛いと言われる高齢者も

畑仕事や運動不足・不良姿勢から

膝の機能が低下し

最終的に軟骨が損傷してしまう人がたくさんいます。

そのような機能障害や外傷・病気で

痛みがある方を治療することも

10人に1人くらいの割合で治療可能です。

運動器本来の動きを

療法士が操作し動かすことで

関節の運動が正常化し

治癒していくことがあります。

私も疑っていましたが,

膝関節が異所性骨化し

変形し手術しかないと言われた

患者の膝でしたが,

治療6ヶ月後には

正常近く回復していました。

証拠は6ヶ月後のレントゲンが物語っていました。

手術や薬を使用せず

運動器・関節は治療可能なのです。

そこで本日のお題を確認

理学療法士は治療できるのか?

ですが,

法律では

理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、

主としてその基本的動作能力の回復を図るため、

治療体操その他の運動を行なわせ・・・。

治療体操とその他運動とあるのです。

これは

患者本人の力で動いてもらう必要があります。

非常に残念ですが

関節の治療では

完全に他動的(passive)な操作で

関節を動かし

治療する必要があるのです。

日本の理学療法士

法律で

患者の関節を他動操作(患者が力を入れていない状態で操作すること)

することができないとなっています。

そのため,

日本の理学療法士

原則として治療はできないことになっているです。

では海外はどうでしょうか?

海外では

理学療法士=Physical therapistです。

海外のPhysical therapistは

他動運動で関節を操作し治療できるようです。

海外では治療することができるのです。

本当は治療できる技術を持っているのに

治療できない日本の理学療法士・・・。

このままでは

どんどん

理学療法

 ↓

リハビリ

 ↓

訓練

 ↓

身辺のお世話もできる

 ↓

介護要員

 ↓

介護・介護指導などなど

 ↓

何でも屋

となるだろう。


行動行動

0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら