• 吉村 聖一

科学的に証明された食事について



昨日は地域の

飲み屋さんが何件も協賛して

前売りで

一枚700円のチケットで

店の一品と

ワンドリンクが飲める企画があり

参加してきました。







最終的には4件の店を回ることができ

普段はなかなか

入れないけど

気になっていた店を

700円でリサーチすることができたので

お得な企画でした。

最後に

しっかりと

炭水化物を摂取してしまったので

朝必死に重い体を動かしながら

ランニングしました。

前半は体が重かった・・・。

本日読んだ本が

とても良かったので

紹介します。



なぜこの本を読もうと思った?

ホリエモンメルマガで

ホリエモンがこの本を書いた先生との

対談が非常に楽しかったと

紹介していたから気になっていた。



②2年前から糖質制限を心がけながら

生活している。医療現場で当然のように

白米がしっかり出ている様子を目撃し

真実を知りたくなった。


③科学的に証明されていると

されているので

自信を持って周囲に説明できそうだから

この本を読んだ


何を学んだ?

①作者の津川友介さんは

カルホルニア大学ロサンゼルス校内科学教授

ハーバード大学修士号を取得

情報はエビデンスレベルの高い

ランダム化比較試験とメタアナリシスという

研究手法によって導き出された結果だったので

かなり信頼できる報告である。


②食品い含まれる

成分表にかなり惑わされていることに気づいた。

ファイブミニというドリンクがあったのをご存知だろうか?

野菜が少ない社会人にファイブミニ

βカロテンを効率よく摂取できるとされていた。

しかし,1990年に

βカロテンのサプリメント効果研究では

肺がんを予防するどころか

むしろ肺がんのリスクを

増加させることが判明した。

βカロテンサプリメント摂取は

膀胱癌の発生率を50%高めてしまう結果となった。

この実例から考えれば

野菜や果物の成分に注目しすぎ

その成分だけをとれば健康になれると

私たちは考えてしまい。

トマトでいえば

リコピンをとればいい

果物であれば

ビタミンCをとればいいとなってしまう。

しかし,重要なのは

成分ではなく

成分を含む野菜や果物自体を

丸ごと摂取することで

初めて健康に良い働きを

成分たちがするようだ。


③白い炭水化物は体に悪い

私たち世代は

物心ついた時から白米を食べることができた。

常に食べているので

白米を食べることが

当たり前になっている。

しかし,白米をしっかり食べれるようになったのは

戦後のからの出来事だ。

アジア人は特に白米を食べるので

海外の人種と比較研究をしやすい。

その比較研究から導き出されたのが,

白米150g以下でも

食べる量があれば

糖尿病リスクが高いとされる。

白米1杯増えるごとに

糖尿病になるリスクが11%増えると

メタアナリシスの結果が出ていた。

①②③を学んでどうする?

エビデンスレベルの高い情報を得ることができた

白米は精製された食品

要するに砂糖を食べていると同じこと。

「ご飯食べないと元気にならないよ」と

説明している人がいるが

言い換えれば

「砂糖をたくさん食べないと元気にならないよ」

と強要するのと同じことである。

精製されたものではなく

蕎麦屋や全粒粉などの

精製されていない食品を食べよう。

②日本人は成分に注目しすぎだが

食物繊維を含めた

食品そのままを食べる必要がある。

だから

野菜と果物を食べよう。

野菜ジュースがあるが

野菜ジュースのエビデンスはまだ

蓄積していないよう。

野菜ジュースも

食物繊維を取り除いているので

効果は薄いかもしれないが

濃縮果実ジュースよりは

マシだと思う。

私は野菜ジュースはエビデンスが確立するまでは

継続して飲む予定。


③結局精製された米と

塩辛い食事を日本人は好む

日本食は健康食と勘違いしている人が多い。

エビデンスとして日本食がいいと発表されていない。

エビデンスとして出ているのは

地中海食であり

オリーブ油やナッツなどを摂取することが

体に良いので,

効率的に取り入れていこう。

この本は本当に勉強になる。



行動行動

0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら