• 吉村 聖一

脊椎術後患者にはサルコペニアは少ないかもしれない

最終更新: 2018年10月27日



以前のブログで

脊柱疾患患者のリハビリテーションについて

エビデンスが少ないと説明した。

脊柱管狭窄症ガイドライン2012では

脊柱術前・術後患者に対する

理学療法エビデンスは皆無に等しいです。

エビデンスレベルも3から4くらいです。(1が一番いい)

ブログを書いたときは

脊椎疾患患者にもサルコペニア患者が

膝関節疾患患者(膝が痛くサルコペニアの人は17%いた)

と同じようにきっと多いのだろうと

予想を立てていました。

その時点で私が思っていた

理由

①足腰が弱くなる

   ↓

②下肢の筋量が定価する

   ↓

③運動量が低下する

   ↓

④生活動作は変わらない

   ↓

⑤腰に負担が生じる

   ↓

⑥脊柱管狭窄等の疾患に

👆という流れで考えていた。

この1週間に数人の

脊柱管狭窄症術後患者

のリハビリ担当になった。

頚椎・腰椎の椎弓形成術のオペをしています。

①〜⑥の流れに該当することはなく

さらに

サルコペニアとしての基準の

①筋力:最大握力 男性26kg未満 女性18kg

②歩行速度:0.8m/秒未満 10m12.5秒以上かかる

BMI18.5未満 下腿最大周径30㎝未満

上記にも該当しない患者でした。

ということは,

脊椎のオペを必要とする患者は

サルコペニアになっている

確率が低いと推測されます。

脊椎オペが必要になる流れは

かなり推測ですが

以下のようになるのではないでしょうか。

①仕事やスポーツで腰に負担が生じる

もしくは,下肢に痛みがあり腰に代償動作が出る

      ↓

②腰痛が生じる。でもしびれや痛みを騙しながら生活は可能

      ↓

③重いものを持つ動作も勢いよくもつ

      ↓

④慢性的な緊張が腰に蓄積する

      ↓

⑤脊椎の可動性が低下する

      ↓

⑥定年や加齢で体幹機能が低下する

      ↓

⑦今まで通りの生活をする

      ↓

⑧腰の負担増大し狭窄が進行する

      ↓

⑨しびれ・痛み神経障害発生

      ↓

⑩たまらず手術となる

👆ではどうでしょうかね?

術後も硬さのある体幹コルセットを

装着して

術後2日目から歩行者し1週間いないには

みなさん独歩を獲得し自宅退院可能なんです。

下肢の筋力が著しく低下した

サルコペニアを併発していたら

術後スタスタと

階段や屋外歩行をすることは

困難だと思います。

私の私見ですが

脊椎の手術をする人は

歩行速度や下肢の筋力があり

力もある。

でも神経症状が出るので

歩行や生活が困難となっている

その歩行困難になる原因は

脊椎の変性(形が崩れること)や

狭窄による影響だと推測される

その原因は

生活習慣や

仕事による腰の酷使や

怪我などもあるが

腰骨の動きの低下と

体幹筋力低下による

脊椎(体の軸)の負担増加は

かなり影響していると考えられる。

手術後の患者に

脊椎可動域を確認することは難しい。

しかし,

BIAにて↓にて

wellup.jp

体幹筋量は計測することはできるだろう。

筋量=筋力では決してないが

何かあるはず。

こういった地味な内容を解き明かしていきたい。

行動行動

0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら