• 吉村 聖一

長く続く痛みは慢性疼痛って知ってました?


長く続く痛みは慢性疼痛って知ってました?

膝や腰仕事していると

なんだかズーンと重い

なんだかズキズキ痛むことないですか?

3ヶ月以上続く痛みがあれば

それは

「慢性疼痛」なのかもしれませんよ。

慢性疼痛?

聞きなれない言葉だな?と思った方多いのではないでしょうか?

慢性疼痛は

漢字の通り

慢性的に続く痛みなんです。

2009年に理学療法士という国家資格をとった私ですが

当時この言葉

全く理解していませんでした,

試験対策として

急性炎症・亜急性炎症・慢性という

炎症の流れだけを覚えていました。

だけどこれって

しっかりと理解していないと

痛みを改善させることって難しいんですよね😁

急性炎症とかは

転んで膝を打ち付けたとか

バランス崩して足首捻挫したとかで

痛みが出た場合なんです。

大抵この痛みってのは

ほっときゃ治ります。

私たちの自己免疫が炎症を抑え

修復してくれるのです。

でも,その時期に無理をしてはいけません。

その痛み炎症ををしっかり治さないと

長く続く痛みへと変化する可能性がありますからね。

ちなみにみなさんは仕事していますか?

長時間立ち仕事

なんども繰り返す動作がある

しゃがむ動作が必要

などで疲れや痛み出ていませんか?

体や心の状態がしっかりしていれば

寝れば治りますし,特にケアする必要はないです。

しかし,ストレスを抱え少し痛みが蓄積している場合は

要注意です😲

今回はストレスについて説明しましょう。

ストレスはなんと

脳の報酬系(痛みを抑えるネットワーク)を

中心としたネットワークを構造的・機能的な異変が

生じるのです。

現代は画像検査が精密になっていますので

画像解析でわかるのですね。

仕事でストレスを受けると

脳が過剰興奮して

「私の体は痛みがある」と

脳からの命令が強く出てしまうことがあるようです。

さらに

長く続く痛みを堪えていると

脳の灰白質の萎縮が生じていることが

多くの研究で明らかにされています。

さらに白質のニューロン密度の変化も

生じているようです。

特に灰白質についてはすでに

面白い記事がUPされているので

興味があれば一読を😁👇

https://dot.asahi.com/wa/2016081000323.html?page=2

ストレスから痛み?

と思いかもしれませんが,

体が疲れていたり

痛みがあったりしてても

面白いドラマがあって夢中になったり

読書に夢中になったり

何かに没頭していると

痛みを忘れている事ってないですか?

この忘れている時って

ストレスを感じていない時なんですよね?

だから痛みが出ていない。

もっと深く(ちょい難しくなります)説明すると

ストレスを感じていない状態で

好きなことをしている。

好きなことをしているということは

ネガティブではなく

ポジティブ=活動的=幸せなことなので

報酬刺激は背外側被蓋核を介して

外側のドーパミンニューロンを興奮させ,

側坐核(報酬・快感を司る)へのドーパミン投射を増やし

脳報酬系を活性化するのです。

????

急に難しい・・・

では超簡単に説明します。

ストレス多いと痛みを緩和する脳が破壊される

だから痛みが治らない

好きなことやっていると痛みを緩和する

幸せホルモンが出るのです😁

まとめ

長く続く膝や腰の痛み(慢性疼痛)を

改善するには

好きなことを

やっていくことが一番!!

では好きなこと・幸せな事ってなんでしょう?

それができれば痛みが緩和できるんだけど

よく分からない・・・。

なんだろう?

それを具体的に抽出する方法が

吉村メソッドの心の技,

心技でできるんです😁

でも,具体化には少し時間がかかるので

ぜひセミナーに参加して

個別相談を希望してくださいね。

メールや電話予約もお待ちしています。

それでは,



4回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら