• 吉村 聖一

関節の手術をしたら治ると思い込んでいませんか?手術で終わることはない。



少しずつ寒くなってきましたね。


みなさま


お体にきをつけてくださいね。


私はこの3日間


次回の「痛みの勉強会」





2018年12月9日(日)の


チラシ配りを


朝の4時30分に


1日300件ずつ配っています。


私が住む地域は


15万人都市


一回の勉強会を企画し配るチラシは


1000〜1500枚程度


都市の100分の1しか配ることが


できていません。


きっと業者とかに依頼して


大々的に配布すると良いでしょうが,


なるべくコストをかけず


手配りし


自分の配ったどの地域の方が


勉強会に来てくださるのか


実体験を積んでいきたいと思っています。


さて,


本日は


関節の手術をしたら治ると思い込んでいませんか?

手術で終わることはない。


という


少し


センセーショナルなタイトルです。


このタイトルをつけた理由は


本当に


多くの方が


手術をしたらゴール


だと思っているようです。


運動器の手術をすれば


元に戻り


元どおりの生活が


これからもずっと


永遠に続けられると


甘い考えや希望・期待で


手術をしている方が多いです。


本当に多い,


例えば


膝が痛くて


膝関節の磨り減った部分を


人工の関節に


取り替える


TKAという手術があります。


この手術のレベルは


年々向上しており


入院は2週間


その期間に


リハビリを行います。


リハビリは


1日目 ベッドから起き車椅子


2日目 歩行訓練


3日目 状態に応じて歩行自立


とかなり早いペースで


歩行獲得し


14日目には自宅退院することが


一般的になっています。


自宅退院後


外来リハビリを提供する


病院も少なくなってきました。


リハビリは


基本的に


歩けるようになり


日常生活ができるようになったら


終了です。


その背景には


筋トレや


持久力強化


予防に向けたリハビリは


医療保険を使って


だらだらやって欲しくない


という


国の狙いがあります。


ここに大きな落とし穴が


存在します。


膝を手術するまで


痛みに耐えて


頑張った方は


大抵が


高齢です。


そして


確実に運動不足です


そして,


確実に


姿勢が悪いです。


筋力が弱いです。


膝以外の動きは悪いです。


そんな状態の方が


膝を人工の関節に直した程度で


いきいきと


昔のように


元気に


楽しく


末長く


健康的に


痛みのない


豊かな生活ができるでしょうか?


答えは


かなり難しい


です。


理由として


下肢筋の萎縮のスピードは


高齢において


1年に約1%ずつ低下していきます。


「一年に1%か大したことないな」


と思いかもしれません。


60歳で100%の筋力があれば


100歳まで生きたとすると


100ー40(低下量)=60%の


筋力があることになります。


しかし,


60歳で100%の筋力を持っている人は


いません。


関節に痛みがあり


運動不足になり


手術を考えている


人は特に筋力が低下しているでしょう,


もしかしたら


60歳で50%の筋力しかないかもしれません。


100歳まで生きるとして


50ー40(低下量)=10%です


10%の筋力で人は


歩いて


いきいきとした生活はできないでしょう。


危険ですよね。


では


膝関節の手術をして


痛みがなくなれば


筋力も回復して


万歳三唱!ではないか?


と考える方もいると思いますが


残念ながらこんな報告があります。


1998年の


Walsh Mによる報告ですが,


膝関節の手術後1年でも
健常者筋力は
健常者の63〜72%に留まる

と述べられています。


長期的な筋力回復の遅延


もしくは回復しないという


報告があるのです。


膝関節は


健常者の6〜7割の筋力しか


回復しないとも捉えて良いかもしれません。


ということは


膝が痛くて


60歳の時に


筋力が50%しか出せない人が


膝関節の手術をすると


1年後には


50%より少し回復して


70%まで筋力を出すことができるように


なるかもしれません。


そこから100歳まで生きると計算すると


70ー40(低下量)=30%


30%の筋力になります。


30%の筋力で


人は歩けるでしょうか?


立ち上がれるでしょうか?


階段登れるでしょうか?


お風呂に入れるでしょうか?


トイレに腰掛けれるでしょうか?


料理はできるでしょうか?


お出かけを楽しめるでしょうか?


答えは


かなり厳しい・・・。です。


では


どうしたら良いでしょうか?


たくさん方法はあるのですが


2点だけ


お伝えします。


方法1:手術前から筋力強化を行うこと


60歳で50%しか筋力を出せない人が


膝関節の手術をすると


100歳まで元気に生きることは


かなり難しいと述べました。


であれば



60歳で筋力70%の状態で


手術ができれば


1年に1%の筋力低下だとしても


100歳で


40%程度の筋力を


維持できるかもしれません。


筋力が落ちきってから


手術をするのではなく


事前に筋力を高めて


手術を迎える。


これは非常に大切です。


「でも痛みがあるのに筋トレ

できないじゃないか!!」


と思われるかもしれません。


しかし,


痛みを極力出さず


筋力強化を行う方法はあるのです。


これは非常に個別性があるため


簡単には記載できないのです。


ぜひ,お困りの方は


相談・カウンセリング希望を


HPから実施してください。


このブログを見ている方が


愛知の方であれば


訪問相談もできます。


方法2:手術後の筋力低下を予防すること


平均して高齢者は


1年で1%筋力が低下する


というのが


データです


データは


中央値


から算出していることが多く


1年に3%筋力が低下する人もいれば


1年に0.3%しか低下しない人もいます。


個体差と


データのばらつきがあるのです。


高齢になっても


栄養と運動にて


筋量・筋力を


維持向上させることができると


多くの研究発表から


明確にされつつあります。


しかし,


闇雲にトレーニングを実施することは


非常に危険です。


そもそも


膝に痛みがあり


運動不足


筋力低下


関節の動きが低下し


持久力や


姿勢の変化がある体で


手術後いきなり


運動を頑張ってしまうと


他の関節に負担を強いることになり


努力したことで


体をさらに壊す結果に至った人が


多く存在します。


これも非常に個別性がありますので


この方法さえやればOKとはなりません。


心配な方は


ぜひ相談してくださいね。


それでは


行動行動



 







0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら