• 吉村 聖一

4回痛みの勉強会を終えて


今回で4回目となりましたが


痛みの勉強会を昨日,無事終えることができました。


毎度の事ですが,


身分を完全に明かさないチラシを作成し


そのチラシを地域に手配りしているので


やはり


怪しい・・・。


でも1200枚配って


1名の方が


「勉強会に参加したいです」


と,この怪しいチラシを見ても勇気を振り絞って


問い合わせしてくれました😄


参加してくれたAさんは


本当に痛みに苦しみ


病院やクリニックを転々とし


現在は


接骨院で


週2回治療をしているとのこと,


勉強会で社会背景や


現時点の痛みについて


確認しました。そして,


「今は痛みはない」


とのことでしたが,


表情は常に緊張(いつ痛みが腰に出ないか不安)


姿勢は常に固定的(痛みが出てしまうのではないか?)


リラックスした姿勢をとれない


と一番辛かった痛みの影響から


全身の緊張が高まっている状況でした。


「痛みの勉強会」に参加してくださったので


てっきり体に痛みがあるかと思っていましたが,


現在は痛みがない。


でも勉強会に参加し健康を取り戻すために勉強をしたいと!!


私はこの言葉を聞いて


感動しました!!


Aさんの行動は本当に素晴らしい!です。


この小さな一歩は必ず


明るい将来への大きな一歩となるはずです!


運動器の痛みがあり


大抵の方は


痛みが治まりさえすれば


「もう安心だ」


「また働ける」


「痛くなったらまた薬もらえばいい」


「痛くなったら整体いけばいい」


「痛くなったらマッサージしてもらえばいい」


👆の考えをもつ人が多いです。


この思考が


①将来身体をダメにする


②将来の日本をダメにする


ダメダメなんです😰


①は痛みをその場しのぎで解決させているわけです。


少しずつ体軸の変化


脳の変化


筋肉の劣化


痛み受容器の閾値低下など


高齢になった時に


今まで溜め込んでいた負の状態が爆発し


健康寿命は一気に低下することになります。


場合によっては


命はあるが寝たきり生活・車椅子生活となる可能性があります。


②は痛みを騙し騙し抑えて最後に


身体が壊れてしまうと


治療が非常に難しく


たとえ手術をしたとしても


他の関節が悪くなり


手術を繰り返す状況に陥るリスクがあります。


手術は数十万必要です。


その手術を


バンバンされたら


国の財政は破綻しますし


未来を担う若者たちに


負担やシワ寄せが行きます。


痛みに対する予防をしていない方は


将来老害となるのです。


老害・・・。


絶対になりたくないですよね。


Aさんは


痛みについて学習し


視野を一つ広げるきっかけを手に入れました。


私の持っている


100のステップを


定期的にお伝えすることで


確実に予防に対する理解と認識が変化すると思います。


そして,


私の方法では物足りなくなれば


今度はAさん自らが自分にあった


予防方法を発掘できるようになれば良いと思っています。


ティーチングから


コーチングを得て


最終的には自己管理・自立していただけたら


そんな方が一人でも


多く地域で活躍してくれたら,


痛みに対する予防意識が非常に高まり


定年なんて言ってないで


死ぬまで健康的に仕事を続ける事が可能になるはずです。


しかし,


痛みは精神衛生的にも


ダメージを与えてきますし,


行きていくために必要な仕事も


ストレスや身体へ疲労・負荷によって


痛みを再発させたり,悪化させます。


そんな時


一人で戦い続ける事は相当なメンタルを必要とします。


プロの選手には


サポートコーチがいるように


一般の痛みと戦っている方にも


サポートする人が存在するべきだと思っています。


これからも


「痛みの勉強会をコツコツ実施して」


痛みの予防や治療サポートを


継続的に実施して行きます😊


本当に地道ですが,


普通に仕事をしているだけでは


経験できない事を


体験できています。


本当に感謝します。


今日はヨガマットを事前購入したので


Aさんに横になってもらい身体を評価する事ができました。


自分のエクササイズにも使えるので


便利ですね。



一つ後悔したのは


私の購入したヨガマットは


👆の商品のように収納ケースがないのです。


移動には必ず収納ケースがあったほうが良いですね。


まあ,なんでも経験です。




行動行動




​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら