• 吉村 聖一

4月は特に慢性疼痛が強くなる



おはようございます。

今日は雨ですね。

慢性疼痛=長く続く腰や膝の痛みの方は

この雨ですら

「ああ,4月から新しいスタートだというのに雨か・・」

「駐車場までの移動が大変じゃないか・・・」

「冷えるから痛みが悪化するじゃないか・・・」

とネガティブに考えてしまうのです。

さらに4月新年度となり頑張ろうとしているので

これはタイトル通りになります。


4月は特に慢性疼痛が強くなる

です。

理由は簡単です

ネガティブに物事を考える習慣があるにもかかわらず

新年度だから頑張ろうとする。

これが大きな間違いなのです。

どうしてか説明しましょう。

ネガティブというのは

すでに慢性疼痛によって

ドーパミン=幸せホルモンが出ない状況になっている可能性があります。

その幸せホルモンがないと

痛みを抑制(大丈夫だよと抑える)することができないのです。

でも

4月ですよね。

新年度ですよね。

子供達,孫たちは小学校や保育園,中学校と

新しいイベント環境で

家族全体が

頑張ろうとしているはずです。

さらに

会社では新人が入職し

会社自体がピリッと引き締まって

「さあ,新年度だ!!頑張ろう!!」

と日本人が大好きな頑張りましょうオーラが満載です。

でもこれって

12ヶ月続きます?

その精神で続けますか?

私は絶対に無理です。

でもみんな新年度だからと

ペースが上がってしまうのです。

すると4月は特に慢性疼痛が強くなる人が続出です。

慢性疼痛は長く続く痛み

痛みは常に完治していないので

脳は萎縮・機能低下しドーパミン=幸せホルモンが出ないようになっています。

そこで,

骨・関節・筋肉・神経を新年度だからと

張り切って酷使するわけです。

すると,

普段のペースであれば

それほど痛み刺激が入らないで

程よいペースで過ごすことができていた体に

じわじわと痛みが入るのです。

それが蓄積すると

さらにストレスを感じ

「新年度なのになんで痛いんだ」

「新年度から痛みかよ!最悪だ!」

今日の雨を見ても

「痛みがあってさらに雨かよ」

ととにかくネガティブになってしまうのです。

まとめ

4月とにかく頑張ろうとしている

慢性疼痛持ちの方は

痛みがさらに強くなる可能性があり注意が必要

このストレスの感じ方は人それぞれです。

それをポジティブにかえる方法は

腐る程たくさんの本が出ています。

その中でこれだ!という本に出会えると良いですね。

私はこれだ!!という本に出会って

本を読んでから1,2ヶ月は気持ちが軽くなるのですが

その後は,ペースがダウンし

ネガティブになっていました。

その理由は

いきなり頑張ろう

変わろうとしたからです。

人は急激に変化はできません。

総合病院でリハビリをしていた私は

3600人以上の患者を変化させようと

尽力しましたが,

急激には変化できません。

変化させることができた!と

実感できる方は

長く定期的に

コツコツと介入することでした。

コツコツとした介入を希望される方は

ぜひセミナーにご参加ください。



0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら