• 吉村 聖一

6時間以内の睡眠で疲労が蓄積するのは当たり前



昨日は朝ランニング後もスッキリしない


日中では疲労が出てしまう状況だった。


原因は睡眠時間が少ないことが原因だろう。


夜7時ぐらいに仕事を終え


子供たちの食事介助や入浴・寝かしつけ


寝る準備をしていると


自分の寝る時間が


遅くなってしまう。


いつも朝4に起きてランニングや


ブログ・調べ物など自分の


好きな時間を作っている


そのため,平均睡眠時間が


5時間30分前後となる


毎日続くと「疲労」が蓄積する


今日は7時間睡眠を確保したので


少し体が楽になった実感がある。


①日中仕事中にも関わらず眠くなる

②いつもより階段が思い

③気分がスッキリしない


上記に当てはまる方はもしかしたら


睡眠負債」を抱えている可能性がある。


睡眠負債」という書籍も出ている。


1日6時間でも睡眠負債は蓄積し


がん・認知症などのリスクを高めていくと


警告されています。


良い睡眠をとるためにやってはいけいないことは


①ベッドでのスマホ

②寝る前のカフェィン

③夜の強い光


この3つはかなり危険だ。


寝る前ベッドで


1日情報やニュースをチェックしてはいないだろうか?


私はまだついついやってしまう。


あまりにも疲労が溜まったときは,


スマホを触らず目覚ましだけセットし眠る。


脳をしっかり休ませないといけないので,


皆さんも注意していただきたい。


週末に7〜8時間寝ることで少しだけ


負債を返済することもできるようだ


睡眠はリハビリや体作りでも大切だ


仕事で1日終えてしまうと


ついつい自分の時間を確保したいので,


睡眠時間を削って


過ごしてしまうことがあるが


発想を変えていく必要がある。


その発想の変え方とは・・・


●早く職場に行かない!

●遅くまで職場に残らない!!


これがベスト。


職場では1日8時間労働となっているが,


当たり前に1〜3時間は早く出勤,


遅くまで仕事と皆さん業務に追われている。


それを短くしてみよう。


そうしないと自分の時間も作れず


睡眠時間は低下し


職場での効率が低下するばかりだ。


「平日自分は仕事だけしてる」


「週末だけが楽しみ」


と思う職員が多いのは良くない。


その職場は職員の可能性を低下させている。


色々な経験を平日でも得るからこそ


色々な発想が生まれ


挑戦が生まれる。


やりたいことができればそれに向かって


職員たちはぐんぐん技術や知識を高めて


社会貢献に一歩前進する。


私の場合


「痛みを取りたい」

    ↓

「痛みを予防したい」

    ↓

「運動器を維持したい」

    ↓

「楽しくいつまでも働ける体作りをサポートしたい」


と考えが広がり,


そのために必要な勉強と


実践を進めている。


仕事が面白すぎてハマっているのであれば


夢中で続ければ良いと思う


そうでない人は


仕事を効率化させ


いかに色々な経験ができるようになるか


人生を模索するのも良いと思う。


行動行動

0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら