• 吉村 聖一

B'zの映画を観てすごいと思った5つの理由



B'zの映画を観てすごいと思った5つの理由



現在有楽町インフォスで開催中の、「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」。シアター鑑賞券が早期に完売しておりましたが、前期に上映していた「Behind the Scene : The 29th Year」と、現在上映中の「B'z SHOWCASE 2017 -B’z In Home Town-」を一本化し、6月15日より全国の映画館での公開が決定いたしました! Exhibitionにご来場いただいた方も、ご来場が叶わない方も、「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」の一端ではありますが、是非お近くの映画館でお楽しみいただければと思います。

👆B’zホームページより引用


説明にあるようにB'zは30周年を迎えた。


私は1995年頃からファンになり


定期的にLiveに参加し


元気と勇気をもらっている。


そんなB'zの映画が


スクリーンで公開されたので


早速観てきた。


本当に最高だった。


映画を観て


すごいと思った理由を5つ説明したい。


①30年間ハイトーンボイスを維持出来ている

B'zといえば稲葉さんの高い歌声だ。


あれだけ高い声が30年間キープできているのは


神懸かっている。


歌声をキープするための


トレーニングは欠かしていないだろう。


さらに,体作りも相当こだわっている。


稲葉浩志さんは現在53歳だが,


体のラインと筋肉・持久力ともに


アスリートのようだ。


相当な努力をされて


現状の身体機能をキープしているだろう。


多くの歌手が体型・声ともに


維持出来ず変化する中で


あれだけキープできている方は


数少ないだろう。


②2人の曲作りが理想的

映画の前半では曲を創作するシーンが


多く映し出されていた。


ギターの松本さんがメロディーを決め


稲葉さんの声質やテンポに合わせ調整する


そして,稲葉さんが歌詞を作りながら


曲を仕上げていく。


しっかりと分担されていて


効率が非常に良い。


創作テンポの良さが本当に素晴らしい。


③故郷のファンを大切にしている

後半は二人の生まれ故郷で


凱旋Liveを行った映像が中心だった。


30年かけて突き進み,


生まれ故郷で感謝のLiveを行う・・・。


本人も嬉しいでしょうが,


何よりも地元ファンにとって最高だ


なぜなら,


「ここからB'zが始まった!」


と強く語れ誇れるのではないでしょうか。


④Liveという舞台に集中している

・B’zの強みはやはりLiveだろう。


あまりメディアに露出しない2人。


テレビに出るとしたら


ミュージックステーションぐらいの印象。


テレビで見てもB’zの演奏は


パワフルで凄いと感動するのですが,


2時間というLiveで


全く手を抜くことなく全力疾走


さらに声量も低下せず歌い切る凄さは


本当に驚きしかない。


生で聞く音楽はCDやテレビで聞く感覚と全く違う。


心に響くのだ。


純粋に感動し,


脳裏に強く残る。


その強いインパクトを


Liveで実践できているB’zはやはりすごい。


⑤ファンとのLiveを楽しんでいる

何よりも大切なのはB’zの二人が


曲作りを楽しんでいて,


Liveを楽しんでいること。


苦しい場面もあるだろうが,


コツコツと継続し素晴らしい作品を


提供できていることが素晴らしい。


以上5つの理由だ。

見習うべきところがあり

心が誘惑に負けそうになった時

B'zの生き様を思い出すと

努力することを続けることの大切さを

振り返ることができる

良いところを本当に見習おう。


行動行動

0回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら