• 吉村 聖一

GW最終日に3つだけやっておくといい事



はじめに

GW最終日がとうとうきましたね。みなさんいかがお過ごしですか?「こんなにやすみがあってもやる事なくて暇を持て余した」「どうやって過ごすべきか分からなかった」などの意見もあると思います。明日からポジティブに行動していくためにも,3つだけやっておくといい事を提案します。


GW最終日に3つだけやっておくといい事

①やり残したことが頭に浮かぶなら行動

②過去は振り返らない

③明日の24時間を書き出す


①やり残したことが頭に浮かぶなら行動

10日目の夜になってしまいましたが,みなさんやり残した事ありませんか?あの時あれをやりたかったなど後悔する事はありませんか?もし今からでもできる内容でしたらぜひ行動しましょう。なぜなら,ポジティブでスタートできない,「幸せ」だと思う状態からスタートできなければ,日本人は特に「頑張る」からスタートしてしまうのです。頑張るから始まるとストレスが強い状態なので,長く続く痛みが再発する可能性があります。


②過去は振り返らない

楽しかったことを振り返ってその思い出をポジティブに変化させて明日をスタートできる方は良いのですが,「10日間本当に楽しかったなー。あの時はよかった・・・」と過去に気持ちが残ったままでは次の一歩が踏み出せなくなります。この状態では通常通りの力が発揮できません。いっその事この10日間は何もなかったかのように過ごしてみては如何でしょうか?明日,1週間後,1ヶ月後の楽しみを見つけて気持ちを盛り上げて突き進むべきです。

hanabifes.jp

愛知であれば5月18日にラグーナで早くも花火を見ることができるようです。素敵な花火で心をウキウキさせるのも良いと思います。


③明日の24時間を書き出す

最後にイメージです。なんとなく連休明けの一日がスタートして,なんとなく発生した気づいた仕事をこなしていく可能性ないですか?これは危険です。

その場で仕事や生活をこなすということは,時間配分ができない可能性があります。この時間までにこの仕事は終わらせると時間スケジュール管理ができていないと。

頑張ってしまう可能性があります。


慢性疼痛患者の方で連休中も仕事や体を鍛えていたのであれば耐性が継続していますが,しっかりとリラックスした,バカンスを楽しんだ方は,鍛える面がおろそかになっているので,連休明けの仕事を計画的にせず,その都度処理しようと頑張ってしまうと,慢性的な痛みが再発・悪化する可能性があります。


まとめ

GWでリフレッシュすることができた分,仕事ストレスに対する耐性力や精神力が低下している可能性があります。気負いすぎず,ペースを決めて新しい明日をスタートさせましょう。


それでは二度とないGW10連休に感謝しましょう。


ありがとうございました。

それではポジティブコツコツで行きましょう。

2回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら