• 吉村 聖一

ZOZO前澤とユニクロ柳井から学ぶこと



ZOZO前澤とユニクロ柳井から学ぶこと


昨日はブルーオーシャンと


レッドオーシャンについて少しお話をした。



ブルーオーシャンと


レッドオーシャンについては


以下のサイトを参考にしてください。


レッドオーシャンとブルーオーシャン戦略:意味と成功事例。 | K's Affiliate Strategy.


ZOZOの前澤さんは


まさにブルーオーシャンを


自由に楽しんでいる。


携帯やパソコンで


自分にあったおしゃれな洋服が


気軽に購入できるというサービスは


なかった。


皆がご存知の


ユニクロの柳井さんは


レッドオーシャンの中で


周りの敵を食い尽くした


「巨大なサメ」というイメージがある。


日本も昔はよくわからない


ブランドのショップや


衣料品店が商店街にあった。


私も駅前の商店街に買い物にいき


「この服すごく高いなー」


「でもここしか服ないからなー」と


渋々服を購入していた経験がある。


みんな,程よい服がないので


仕方がないから少し高い服を


30年前は購入していた。


そこで,「巨大なサメ」のユニクロ柳井氏の登場だ。


繊維工場を原価の安い中国に全て移し


徹底的な低コスト低減化を成功さた。


素材もそこそこよく


そこそこ着れる服を


大量に販売できるようになったのだ。


その結果,日本の繊維工場は根絶やしにされた。


倒産が相次ぎ


まさに繊維業界は


ユニクロの台頭により


鮮血に染まった市場となった。


日本人の一般大衆人と言われる


衣料ニーズを


ユニクロがごっそり獲得してしまったのだ。


ユニクロの天下は今も続いている。



しかし,30年の時が流れ,


物が皆に行き渡り飽和状態となった。


もっと便利に手軽に


おしゃれなアイテムを


GETしたいと思っている層に対して


ZOZOが登場した。


さらにおしゃれを求める層は


やはり店舗でじっくり素材に触れて


「買い物をする事自体を楽しむ」


スタイルを貫いてます。


ZOZOは「少しおしゃれしたいが店を探し回るのが面倒」


というニーズを見事に掴んだ。


前澤社長は「競争は嫌い」


と宣言している。


以下の記事を読んでいただくと,「納得」させられる。

style.nikkei.com


要するに「競争がある」から


「頑張らないといけない」とか


「上司にいい評価されるように頑張らないと」とか


「どうやったら今日1日を切り抜けられるのか?」と


ビクビクしながら


会社生活を続けることになるのだ。


私も理学療法士の資格を取りに


名古屋まで電車通学していたが,


電車に乗っているサラリーマンたちの姿・・・。


楽しそうではない。


朝とってもしんどそう・・。


夜は?さらにしんどそう・・・。


なんなんだ?


自分はこんなサラリーマンにはならないと


と思う。


スーツで通勤はしたくない!


電車に揺られたくない!


と強く決意した。


現在はスーツ通勤なし,


電車通勤なしの生活だが,


上司の評価に対して「どうしようか?」と


時間をかけ悩むことがあった。


前澤さんは


「そんなことに時間を費やすなら,


お客さんに良いサービスを


どうやったら提供できるか考えたほうがいい」と


語っている。


その通りだ。


会社に勤務していると


「それが常識」という変なルールに洗脳される。


就職して自分は前職で介護福祉士だったが,


利用者と競艇に行って


賭け事をしてドキドキ感を共有,


夜まで騒ぐBBQお泊まり会をして


ワクワクを楽しむ


と,周りとは違うことをして楽しんでいた。


そんな私を職場は採用したので


そのまま「楽しむこと」を


やっていこうと行動したが,


上司に権力というハンマーで


「グシャリ」と潰された。


今思うとそれは「社会人」として


当たり前なことができていなかったので


やられても仕方がないと思える。


しかし,そこからは


「楽しむこと」を10年間押さえつけ


生きていく人生の始まりだった。


結局,


好きなこと


楽しむことをやってお金を稼いで,


そのお金を使って


さらに楽しむことや


顧客を楽しませる方法を作りだす方が,


誰も到達できていない


「ブルーオーシャン」に


到達することができるのだ。


職場で


「この人個性的で面白いなー」と思った人は


全員職場を退職した。


「これのままでは面白くない」と思った私は


上司に


「個性ある人材の流出がある。


原因はやりたいことがあるが,


現職場で働きながら兼務することができない為だ。


今年から副業解禁になったので


流出を防ぐために


我が職場も副業を解禁できるようにしてほしい」と


改善提案書を出した。


それは見事にもみ消された。


しかし,


最近では離職しなくても


うまいことやりくりをして


「楽しいこと」を模索している後輩が


ゴロゴロ現れてきた。


幻冬舎の箕輪のように


安定した職場を軸に副業することを


入念に計画し行動している後輩,


セミナーコンテストに参加し


人脈をメキメキ伸ばす後輩,


トレーナーの研修に200万円以上投資し


資格をバリバリ獲得している後輩,


人材評価で


「なんで5段階評価で3ばかりつけるの」と


私が質問すると


「え?考えるの面倒だから・・・。」と


13歳上の私に向かって発言できる後輩


楽しくなったものだ。


そんな後輩たちがいるので


まだ今の職場を辞めずに


朝や週末に好きなことに時間を使いながら


こうやってブログを


毎日綴ることを楽しんでいる。


そんな毎日が楽しいので,


9年間早く出勤し


ひたすら真面目な単純作業をすることをやめ


集中して短時間に本気で仕事すれば


無理して早く出勤する必要はない結論に至った。


貴重な朝の時間は


思考能力を高める時間に費やすようにした。


このようにブログを書くことも後輩の影響だ。


今の時代はZOZOの前澤さんの生き方か


ユニクロの柳井さんの生き方か


どちらがいいだろうか?


私は断然ZOZO前澤の生き方で


生きていきたい。


世の中には競争相手を


蹴散らし


返り血を浴びながら


レッドオーシャンで成り上がり


君臨することに


生きがいを求める人間もいる。


でも,今の時代背景を考えてみよう


物にあふれた社会が2000年ぐらいで達成された,


そこからIT技術が爆発的な広がりを始めた,


スマホをこれほどの人が持ち,


新鮮で多種多様な情報を


世界中の人が共有できるようになった。


今まで情報弱者だった人々が


多種多様な価値観の中で生きる社会になったのだ。


これは時代が


新たなステージに突入したということだ。


今までの生き方は


「会社入って定年まで働いて


老後でゆっくりして死にましょう」という常識が,


「楽しんでそれが仕事になって


金稼いでいいんだよ!


好きだったら死ぬまで働けるよ!」


「8時間働く必要なんてないんだよ」と


変化したのだ。


今後さらに多種多様の考えが


爆発的に増えていく


うちの両親ですら


LINEで情報交換し


FBやって


わからないことはネットで調べている。


頭硬い人間たちも少しずつ変化してきた。


怒り狂っていた上司が


「◯◯さん」と後輩に「さん」つけを


はじめたのだ


完全に「嫌われる勇気」という本の影響だ。


時代は「こうじゃなければいけない!」


という縛りから変化してきている


ビットコインのように「日々発掘」されている。


それも世界規模でだ


レッドオーシャンが当たり前だった時代は薄れ


ブルーオーシャンがたくさん発見されているのだ


前澤さんのように


大金もちにはなれないかもしれないが,


ニッチな分野で


お金を払ってでも購入・利用したいと思う顧客が


多様化のおかげで増えてきている。


だがら最低限の収入かもしれないが


楽しんで自由に行きていける


世の中に変化している。


では,どうしたらいいだろうか?


行動したくさん失敗すればいい


20年前にこの発想で


好きなことやったら成功はない


なぜなら,


情報がないから・多様な社会じゃないからだ。


「あいつおかしいやつだ」と


煙たがられて闇に消えていくだけだった。


だけど今は違う。


行動して,


発信して


失敗しても


その失敗や努力をSNSやネットから確認できる時代。


しかも,多様な時代,


共感できる人が10人中0人の20年前が


現代は10人中1人は必ずいる時代になった。


諦めないで行動と挑戦してれば


応援していくれる人や


仲間になってくれる人はいる。


だから行動すればいい。


少しでもおもしろそうだと感れば


ケチらずにお金使って


行動すればいい。


東京に行ってる後輩も


「貧乏暇無し人間です」とか


メールできたが


楽しめる環境の東京にいるので


「田舎じゃ経験できないことを謳歌してます」と


連絡が来れば安心できる。


早く真面目の呪縛から解放されてくれ!


と願っている。


本当に多様性の強い後輩が増えてきた。


この力が


上の人間たちの地位を脅かすようになるのは時間の問題だ


ただし,閉鎖的な職場のままであれば


確実に多様性のある魅力的な人材は


地域へ流出するだろう。


トップに立つ人間は早くこのことに気づくべき。



行動行動

2回の閲覧

​活動拠点

​愛知刈谷市を中心に事業展開

Email: seiichi@pain-yobo.com

Tel: 090-7617-9119

訪問可能時な間帯:

Mon - Fri: 9am - 3pm 

​​Saturday: 7am - 9pm ​

Sunday: 7am - 9pm

​その他お問い合わせはこちら